みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

627_001    627_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午前10時-11時
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
     本郷曙町十三
      寺田寅彦


[裏]
御手紙難有う、先日は失礼しました。僕はあまりFreundのFamilieでwillkommenを受けると落ち付けない方だからどうか御配慮なく願ひます、君の二階も温で非常にいゝ気持でした、帰り付く頃はもう暗かつたがちつとも風がなくて寒くなくつて仕合せでした。非常な上気嫌で帰つて来て善良なる父であり夫でありました。」 もう少し君の処が近いといゝんだけれども、君を引越させる事も僕を引越させる事も同程度に困難だから仕方がない。」 此れから年賀状をかゝなければならない、今年はもうやけくそで一切廃しやうなどゝ思つて居たがやつぱりそれでは物足りないから活版摺をこしらへてしまつた、来年からは思ひ切つて凝つた絵葉書でもこしらへやうかしらと思つて居る、数学の式でも並べて球根や芝苅鋏でも画いた判じ絵のやうな奴をこしらへて、