みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

616_001    616_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印(日付不明)午前(?)9時-10時
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
     本郷曙町十三
      寺田寅彦


[裏]
数日前に知らぬ人から「天誅組事蹟考」とかいふ本を買つてくれと云つて来た、そして集金郵便で代価を請求すると云つて来た。癪にさわつたから本が着くと封を切らず其儘送り返してやつた。さうすると又端書をよこして云ふのに「先生は高知県人でもあり且つは人位(sic)と思ひ御送り申したのに御返しになっては困ります。私を御しんよう下されなければ代価は頂きませんから御調書(sic)の上間違があつたら教へて下さい」と云ふやうな事を恐しくilliterateな日本語で云つて来ました。そして又本を送つて来た。其手紙があんまり面白かつたから今度御目にかけましやう。「天誅組」といふのは維新前の土州藩士中の過激な保守派の団体でassassinであつたのです。此の端書のauthorが其本のauthorであるとすれば其本は余程面白いものだらうと思って居るが。まだ本の包みは開けないで放つてあります。此れも近頃の「少(ママ)さな出来事」の一つで、気が向ひたら此れを題にして又プロムナードをやつて見やうかと思つて居ます