みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

610_001    610_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印4日(時間不明)
赤坂区青山南町六ノ一〇八
 小宮豊隆様
     本郷曙町
     十三
       寺田寅彦


[裏]
御手紙難有う御坐いました、御風邪の由御大事に願ひます、小生未だ外出を許されず御無沙汰致します」 御批評難有う 今度のは余り面白くないさうで少し失望しましたが今読み返して見るとなる程御説の通の処があります。今度のも始めから充分なプロツトを作らずに段〻書き足して行つたものだから自然にその痕跡が見えるのは恐ろしい者だと思ひます あの後に又一つ丁度同じ位の長さのものを書いてあつて此方がひよつとするゝ(ママ)いくらかいゝかも知れない。一度見て頂き度いのだが御病気や御案内で御忙しいやうだから、もし日光から帰られて後に御暇になつて、そして〆切に間に合ふやうだつたら一度見て頂いて、どちらかいゝ方を公論にやらうかとも考へて居ます。」昨日中央美術と改造を御送りしました。御覧になつたら何とか云つてやつて下さい、無論物にはなつて居ないが」 君は毎日歩いて困つて居るが僕は歩けないので困つて居ます、もう二月出ません