みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

596_001    596_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後5時-6時
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
      本郷区曙町十三
       寺田寅彦


[裏]
展覧会出品目録難有う御坐いました。目録を見るだけでも色〻の面白味がありました。」 歯ぐきのはれも熱もなほりましたが便の反応の方は此の二三日のはまだ分りません。」「改造」といふ雑誌の山本実彦といふ人が来て何かよこせといつた。あんまりいろんな雑誌殊にあの種類の者へ出すのはいやだと思つたが余り強く云はれるので前にかいて置いて未だ君に見せなかつた四五枚のものをくれてやつた。そうしてあとで非常に厭な気持になつた。なんだか恐ろしくなつて来た。中央美術はそんなにいやでもないが、もうしばらく書くのは止めたくなつた。どう考へても僕にはやつぱり物理か気象が一番面白い。」 木螺先生の方は松根君から催促されてとう/\又やりました。酒のみがもういけない/\と云ひながら呑んで居るやうな気がして情なくなるがしかたがありません。」展覧会の景況は如何でした なんかあつたのなら知らしてくれ玉へ    十月十一日午後