みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

592_001    592_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後7時-8時
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
    本郷曙町十三
     寺田寅彦


[裏]
ゲーテの文句御示教難有う御坐いました、又こういふのが見付かつたら知らしてくれ玉へ。」中央美術の二科会評拝見、なにしろ現物を見なかつたから一言もありません。石井氏に対する評は其通りだが石井氏自身は極めて楽天的に此の批評を受け入れた事と思ひます」 巻頭にあるピサロの絵は何の奇もないがいゝ気持で胸がせい/\する 病気でねて居る人達にはみんなに見せてやり度い」 梅原氏の女の絵はうんと賞めるかうんとけなさないと気が済まないやうな絵だが兎に角僕は好かない」 写真で見る五合庵の春は甚だしく滑稽にして薄弱なものであります、」 いつか君の御注意によって注文しておいたバーベリオンの本が届きました。バーベリオンは匿名で若い動物学者であつたらしい。卅才足らずに死んだらしい。序文にある紹介で見てもたしかに類の少ないタイプの人間であつたらしい。ドコかエマソンの紹介したThoreauの面影がある。」半分余り読んだがヤツパリ面白い。いづれ其中もつと詳しく御紹介します。」How Tom snored on his bridal nightといふ小話の表題などはフルツテ居る