みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

587_001    587_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後7時-8時
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
    本郷区曙町
    十三
      寺田寅彦


[裏]
四五日来事に紛れて御無沙汰致しました、院展の評を拝見するのを楽しみにして居るが続いて出ないでポツリ/\思ひ出したやうに出るのはあれは甚だいけないと思ひます 感興を殺(そ)ぐ事一通りでありません、どうしてあゝいふ事にするでしやう 編輯者に抗義(ママ)を申込んで頂き度い」 どうも自分で見ない絵の事だから物足りない事甚だしい。しかし主な事を覚へて居る積りだから今度見る時の興味は複雑になるでしやう」 中央公論はあれの出た日に即日御送りしましたが届きましたかしら、もし届かないやうだつたら一寸御知らせを願ひます。」 僕の病気は九月に入つて急速度でよくなるらしい 七日から昨十一日迄陰性といふのが続きました、此れが持続してくれるといゝがと思つて居ます。多分そうなるかと思ひます、
九月十二日