みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

555_001    555_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後3時-4時
赤坂区青山南町六ノ一〇八
 小宮豊隆様
     本郷曙町十三
       寺田寅彦


[裏]
御はがき拝見、メルキユールは僕にも六かしそうだが兎に角勉強の為にのぞいて見ましやう」 昨日大に勇気をふるつて自分の顔を写生して見た、左り前に写つて居るの(ママ)像は自分と別物だといふ事を痛切に感じた、鏡を二枚使はなければ自分の本当の顔は見られない訳です。」 兎に角描き上げたのを見ると矢張り変に可笑しいやうな口惜しいやうな悲しいやうな嬉しいやうな歯痒(はが)ゆいやうなくすぐつたいやうな気がします、やつぱり人物は胡魔かしが利かないから六かしいと思ひました。残念だからつゞいて第二の自画像を試みやうかと思ひます
      四月廿四日