みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

547_001    547_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後5時-6時
赤坂区青山南町六ノ一〇八
 小宮豊隆様
     本郷曙町十三
      寺田寅彦
   (一)


[裏]
御はがき難有う、此頃又胃の工合が面白くなくて大概寝てばかり居るし人が来ると起きるが帰ると草臥れてすぐ寝てしまふので机に向ふ機会がなく其為に「丸善と三越」も其儘にしてあります、其内に起きるやうになつたら充分直して又御送り致します」 遠慮なく批評してもらふ為に読んで頂くのですからやはり遠慮なく批評してくれ玉へ、決して自信のない訳ではないが唯君の批評が僕の急所へ当るのだから直さない訳に行かないのです、自分で掛(ママ)念な処や始めからどうかと思つて居る処を云はれる場合が大部分で、さもなくても云はれて見ると大概それにちがいない、やつぱり自分の眼よりも君の眼にたよつた方がいゝ気がする。唯一つの心配は君が冗漫と感ずる処や臭く感ずる処を少し残さないと一般の読者の粗雑な神経には肝心な事が丸で感じないではないかと思ひます。しかしそう云ふ処は自分も矢張りくどかつたり臭かつたりする事は免れません、なるべく読者などは構はず自分のいゝと思ふやうにやりましやう