みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

546_001    546_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後7時-8時
青山南町六ノ一〇八
 小宮豊隆様
     本郷曙町十三
       寺田寅彦


[裏]
原稿が帰つて御はがきが来ないから急に世の中が心細くなつて居たが夕方になつてやつと此れが来たものだから今度は又急に元気が出て来た、ゆつくり直してから御送りしますから其上で又御示教を祈ります」 僕は又二三日前から少し胃の工合が悪くて昨日は益〻悪くてとう/\夕飯を食はなかつた、今朝起きて此ハガキを書いて居るがまだ腹が膨れてチツトモヘらない。それで今朝五時頃から色〻考へて居た結果もう一つ「遺言状」といふ者をかいて見やうかと思つて居る。」
昨夜イブセンの「幽霊」の第一幕だけ読んだ 中〻やりにくそうな芝居ですね。此前によんだThe Warriors in Helgelandなら道具立が賑かだから胡魔化せそうですね、