みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

545_001    545_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後6時-7時
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
    本郷曙町十三
      寺田寅彦


[裏]
原稿が今日黙つて帰つて来た、御端書が来て居るかと思つて搜したが来て居ない、此れは落第かと思つたがしかし何とも云はないのはあんまりヒドイ」 それはそうと石原君は学会に出席の為今日あたり上京二三日内には屹度来てくれるだらうと思ひますが例の社の方の表向の交渉はどうなつたか知つて居ないと少しキマリが悪いと思ひます 御面倒ながら一寸御聞合せを願ひます。或はもし交渉が未だであれば同君上京中に宿へ誰れか行つてくれゝば好都合かと思ひます、多分いつものやうに謙君の処に泊る事と思ひます、何とか宜敷御配慮を祈ります
       四月一日昼過ぎ