みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

543_001    543_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後2時-3時
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
    本郷曙町十三
       寺田寅彦


[裏]
「丸善と三越」が一通り出来たから御送りします、御面倒ながら〔四、五字蝕〕下さい、自分でも纏まりのつかないそして単調なlangweiligなものだと思ひます、遠慮なく批評して頂いて直してものになりそうだつたらそうして頂き度いと思ひます、」 書いて居るといろんな下らない所謂御感想がゴタ/\出て来て、それを捨てるのに大分骨が折れる、」 ノベツ幕なしにぶつ通すよりも四つか五つかに番号で区切つて出した方がいゝかと思ふがどうでしやう、」 今度もエピローグに大分困つた そしてエピローグのエピローグに一層困つた、あすこはもう少し考へて見るつもりです」 此れをかいて少しウンザリしました、もうそろ/\気象の方の仕事でも始めたくなりました
       三月廿九日