みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

539_001    539_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後6時-7時
赤坂区青山南町六ノ一〇八
 小宮豊隆様
    本郷曙町十三
      寺田寅彦


[裏]
「病室の花」を直しておくります。片仮名の場はどうも未練があつて全部取る気になれなかつた、なるべく臭気をなくするつもりで直しました。感想なども抜いた方がいゝとは思つたが此れもヤハリ未練があつてあれだけのヒントは付け度かつた、此れでも自分としては随分思ひ切つて直したのですからどうか御勘弁を願ひます。生命の謎といふ文字もやめた、此れでいくらかサツパリするでしやう。」 もう一つの方も直して見ましやう、それよりも兎に角次の「丸善」を書いて見たいと思つて居ます。なるべく円遊や円右は引つこませて小さんを強くするやうな心持でやり度いと思つて居ます」 しかし考へて見ると随分君には面倒くさくつて御迷惑な事と思ひます、どうか御寛容を祈ります 因果だと思つて御指導を願ひます
三月廿二日