みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

536_001    536_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印19日(?)午前11時-12時
赤坂区青山南町六ノ一〇八
小宮豊隆様
    本郷曙町十三
      寺田寅彦


[裏]
アラヽギの神聖を冒さぬと認めて下されば喜んで出しましやう。しかしもう少し手を入れてからにし度いから御面倒でも一度返して下さいませんか」 今度は妙なものをかいたから兎に角御送りします、遠慮のない事をいつて頂き度い、どうしても厭味ばかりになりやすいものだからそういふ悪い処を教へて頂いてから次に「丸善と三越」を書くつもりです、此の方は大分長いものでプロツトが大きくなる。」尤もこんなものは柄にないからよせと云はれるなら止めてしまつてやつぱり花の事でもかきましやう、其方が心持はいゝから」 フランス語は大賛成です。僕はオツトーではやらなかつた、あのシリーズの小さな本とそれからエツクがつかつて居る仏語初歩を少しやつた切りであとは字引と首引でやつた、発音はレコールベルリッツで教はつた切りだから心細い、」 ロシヤと交換しましやうか