みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

529_001    529_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後1時-2時
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
    本郷曙町十三
      寺田寅彦


[裏]
今来たホトヽギスを見ると沢木梢とかいふ人の談話が出て居る、其中に夏目先生や津田君に対する批評だか悪口だかゞ出て居る、そして先生の御弟子も引合に出て居る。あんな無責任な奴は何とかウント一度トッチメテ置いてやらないと癖になります。当人の為にもなるからあの鼻を挫〔拉〕いでやる方がいゝ。なんなら一度ぶんなぐつてやる方が一番簡単でいゝかも知れない。いよ/\なぐるなら僕も出るよ。」一体あれは何者です、余程エライんですか。」 それとも軽蔑しておくに止めますか どうしましやう
ホトヽギスに原稿をやるのはやめにした 橋田君のシヤボテンヘでもやらうかと考へて居ます、」 ホトヽギスはもう見るもイヤになった