みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

525_001    525_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印13日(時間不明)
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
    本郷曙町十三
      寺田寅彦


[裏]
御無事御帰京の由、田舎人の気の永いのに呆れて肝癪玉でも仕入れて御帰りの事と推察致居候」 いよ/\「渋柿」へ珍作を送りましたが宗匠からまだ何とも云つて来ません、ちつと巫山戯(ふざけ)過ぎて居るから気に入らないかも知れない。」 もう一つ珍作を仕入れてあるが此れはホトヽギスヘでもやらうかと考へて居ます」 白木屋に又玄会といふ素人の美術展覧会あり恐るべく驚くべきものであります、御暇があつたら覗いて見玉へ」 僕は冷へるのが禁物だから風のない日の照る極温い日の外外出は見合せて居ます、日の照る時は二階で何か書いたり曇りの日は床の中にもぐつて本ばかり読んで居ます。大抵いつでも居るから暇があつたら遊びに来て下さい
二月十三日