みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正9年(1920)

514_001    514_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後1時-2時
赤坂区青山南町
六ノ一〇八
 小宮豊隆様
    本郷曙町十三
     寺田寅彦


[裏]
御病人は如何ですか、もう大分御快愈で貴兄も御帰郷になつたかと想像します、」 あれからつゞいてMaeterlinckの小論文を読んで居ます、中〻分りにくいのもありますがよくわかつて面白いのもあります、此著者がよく科学といふものゝ本質や価値を了解して居るのに感心して居ます、日本の文学者にはこんな人は少ないでしやう。重力の方則などが人間の自由になる時を予想して居るなどは随分愉快です「科学を知らぬ科学者」にいゝ薬だと思ひました。一つ此のメーターリンクの二十円札を振り廻して科学者(日本の)を驚かしましやうか」
一月十四日