みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

寺田寅彦書簡

大正8年(1919)

493_001    493_002
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
消印午後5時-6時
赤坂区青山南町
六の一〇八
 小宮豊隆様
     本郷曙町
     十三 寺田寅彦


[裏]
御端書難有う 中〻残暑が強くて校正も一層御骨折でしやう 御自愛を祈ります」 スケツチの事盛遠君の御聞に達し候由無上の光栄と存候 此れに就て不思儀な事が一つあります、あの芝居で色〻の人物をスケツチして見たがどうも思ふやうにかけもせず自分で見ても一向に其気分が出なかつたが唯盛遠だけが盛遠らしく(勿論自分で見て)出来たやうな気がするのです」 小生明日から一寸何処かへ行つて来ます 多分二三日でいやになつて帰るかと思ひます 帰つたら又其後の傑作を見て頂き度と存じます、
    八月廿五日
 豊隆仁兄鑒