みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

夏目漱石書簡

明治42年(1909)

n24_066    n24_066
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
明治四十二年 二月二十四日 水 午後十一時―十二時
本郷森川町一小吉館
 小宮豊隆様
 牛込区早稲田南町
 七
  夏目金之助


[裏]
俳諧趣味とか俳句に対する君の考とかは黙つてゐた方がいゝ。俳句を研究する人に任せべき事だ。夫より有益な大問題はいくらでもごろ/\してゐる。尤も特別の考あれば無異義。俳人何ぞ君の俳論ヲキクヲ要セン