みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

夏目漱石書簡

明治41年(1908)

n21_113    n21_113
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
明治四十一年 八月三日 月 午前十一時―十二時
福岡県京都郡犀川村
 小宮豊隆様
 東京
 牛込早稲田南町
 七
  夏目金之助


[裏]
小説はまだかゝない。いづれ新聞に間に合ふ様にかく。中々あつい。田舎も東京も同じくわるい人が居るのだらう。此分では極楽でも人殺しが流行るだらう。僕高等出歯亀となつて例の御嬢さんのあとをつけた。帰つたら話す。子供が丸裸でゐる。どうも天眞爛熳(原)として出来ものだらけだ。驚ろいた。