みやこ町歴史民俗博物館/WEB博物館「みやこ遺産」

みやこの「ひと(先人の事績)」

夏目漱石書簡

明治40年(1907)

n05_049    n05_049
画像の拡大
(画像は原文とテキストの並べ重ねができます)
[表]
明治四十年 六月四日 火 午後五時―六時
本郷森川町壱番地宮裏
小吉館
 小宮豊隆様
  本郷西片町十ロノ七
   夏目金之助


[裏]
廣告今日から愈虞美人草の製造にとりかゝる。何だかいゝ加減な事をかいて行くと面白い。
僕の顔を高等官一等とは恐れ入つた。どうか猫をかく様な顔付に生れたいものだ。金子堅太郎君は親任官であつたかな、君。金堅君を下る事一等の顔になつちまつた。ほめられたつて感謝は出来ない。