飯塚市/飯塚市デジタルミュージアム

「炭都の記憶」データベース

飯塚市内に所在した主要な炭鉱の解説

その他の炭鉱関係施設等

名称嘉穂劇場
概要昭和6年(1931)に開場した江戸時代の歌舞伎様式を伝える木造2階建ての芝居小屋。石炭産業の発展とともに、娯楽の場として地域の人々に愛されてきた。
しかし、時代と共に炭鉱は閉山し、遠賀川流域に48座あった芝居小屋の中でただひとつ残ったのが、この嘉穂劇場である。火災、台風、洪水など数多の災害を乗り越え、今も生き続けている。
平成18年(2006)11月 国の登録有形文化財となる。
※令和4年3月現在、再開に向け調整・協議中のため、目途がたつまで当面休業することとなっている。
場所飯塚