飯塚市/飯塚市デジタルミュージアム

「炭都の記憶」データベース

飯塚市内に所在した主要な炭鉱の解説

飯塚市内の主要な炭鉱解説ページ

炭鉱名相田炭坑
別称
概要明治26年(1893)に中野徳次郎・松本潜・伊藤伝六の所有。同29年開坑。中規模の炭鉱。大正5年(1916)に中野徳次郎の単独所有。大正15年採掘終了し、昭和3年(1928)再開。翌年吉田俊幸に譲渡。同7年秋山長三郎へ売却。終戦後から昭和30年代まで九州鉱業株式会社、石橋鉱業株式会社を経て、仲村鉱業株式会社により経営。昭和30年代後半に閉山。
場所相田
庄司