四万十市立図書館/四万十市デジタルアーカイブ

中村町史・中村市史

中村市史 続編

口絵/発刊のことば 
産業編     (上岡正五郎) 
経済通史
一条時代
長宗我部時代の生産関係業種
藩政期の綜合史料
明治以降一二
各種産業三四
養蚕製糸業三四
鉱工業四七
製紙業六四
製糖業八六
製塩業九三
酒造業九八
幡多の陶磁器一〇九
蝋の製造一一二
杞柳一一六
煙草一二〇
竹島の梨一二五
唐藺と七島藺一二七
家畜・家禽一三〇
木炭一三四
青海苔とあおさ一三八
交通・通信編     (上岡正五郎) 
上古一四三
一条時代と交通運輸一四四
長宗我部期の交通一四九
藩政期の交通一五三
藩府の基本的態度と規制一五三
道番所一五五
藩政期の道路一五六
舟便・海運等一六九
下田港一七四
その他一八〇
藩政期の通信一八六
明治以後の交通一九一
明治初期の動向一九一
県道改修一九二
郡道第一期線一九五
第一期線関連線二〇〇
第二期線と県道編入二〇二
汽船就航二〇九
その他の交通機関二一四
自動車二一七
飛行機二二三
鉄道二二五
明治以後の通信二二九
災害編     (上岡正五郎) 
洪水二三七
渡川と四万十川二三七
洪水概略二四二
明治十八年迄の風水害年表二四四
明治十九年の風水害二五一
明治二十三年の洪水二五四
明治二十七年より昭和二年に至る風水害二五六
昭和十年八月二十八日台風二六三
昭和十年大洪水以後の主な風水害二六七
昭和三十八年八月九日台風九号二七三
下田港口の狭塞二七七
渡川改修事業二七九
附 大旱・天体異状等二八一
火災二八三
概説二八三
火災年表二八五
地震・津波二九二
概説二九二
代表的大地震二九三
南海大地震(附、その後の地震)三〇七
空襲三二九
日記でみる空襲三二九
五月十日中村空襲三三四
上川口小学校の大空襲三三七
飢饉三四〇
伝染病三四五
救済と義捐三六〇
救済策三六〇
教育編     (上岡正五郎) 
一条時代の学問三七七
一条兼良三七七
一条教房三七九
南村梅軒三八一
学問を伝える代表的人物三八二
京言葉の残る中村言葉三八三
藩政期の学問教育三八四
文盲事例三八四
藩政期の中村町三八七
明治以後の教育四一五
小学校教育・附青年教育四一五
大正期の教育四二九
昭和前期の小学教育四三〇
昭和期の中等学校教育の変遷四三二
青年教育四三三
新教育四三八
教育民主化のための破壊四三八
新教育の方向四三九
市内小中学校の歴史的概略と現況四四〇
その他の学校、教育関係施設四五二
社会教育     (谷崎 等)四八七
社会教育四八七
社会体育四九二
公民館     (尾崎驍一)四九六
図書館     (平田正則)四九九
同和教育     (竹田 均)五〇五
同和教育の淵源五〇五
中村市における差別事象糾弾と教育要求五一〇
学校教育の中での同和教育五一五
社会教育の中での同和教育五一八
武道編     (上岡正五郎) 
剣道史五二三
福田孫次郎五二三
岡崎佐忠と野口伏助五二六
宮崎八野右衛門五二六
防具の推移五三五
樋口信四郎・真吉親子無外流破門五三七
大石神陰流と樋口真吉五四〇
砲術史五七四
砲術と山崎慎六郎五七四
樋口砲術五七六
宗教編     (橋田庫欣) 
概説 五八五
神社神道五八七
神社の数五八七
神社の名称五八九
神社の設立と祭神五九二
神社の退転五九四
神社の合祭五九四
現在の神社五九五
中村市内の神社明細五九八
教派神道六四九
天理教六四九
金光教六五一
大成教多賀教会六五一
出雲大社教六五二
畝火教会六五二
木曽御嶽本教土佐神霊教会本部六五二
世界救世教中村布教所六五三
生長の家六五三
仏教六五四
中村市内の寺院の分布六五四
寺院の開設六五七
寺院の退転六五九
再興と新寺設立及びその後の廃寺六六二
戦後普及した仏教六六五
現在の寺院六六六
宗門改六六六
中村市内の寺院明細六七〇
修験七二三
キリスト教七二五
官公署等編     (平田正則) 
官公署七二九
幡多事務所七二九
中村土木事務所七三一
中村保健所七三四
中村警察署七三五
中村消防署七三七
建設省中村工事事務所七四三
高知地方裁判所中村支部七四五
高知家庭裁判所中村支部七四六
中村簡易裁判所七四六
高知地方検察庁中村支部七四六
高知地方法務局中村支局七四七
中村拘置支所七四七
中村税務署七四八
中村営林署七四八
高知食糧事務所中村支所七四九
中村公共職業安定所七四九
幡多社会保険事務所七五〇
土佐中村郵便局七五一
土佐中村電報電話局七五三
日本専売公社中村出張所七五六
金融機関七五八
四国銀行中村支店七五八
幡多信用金庫七六一
高知相互銀行中村支店七六三
高知県労働金庫中村支店七六四
愛媛相互銀行中村支店七六五
宿毛商銀信用組合中村支店七六六
第三七国立銀行中村出張所等七六六
医療機関七七〇
医療機関一覧七七〇
高知県立西南病院七七二
中村市立市民病院七七五
電気・水道七七九
電気七七九
水道七八〇
市政編     (平田正則) 
市発足時の概要七八九
庁舎と職員七八九
暫定市議会の議決事項七九〇
選挙管理委員会七九二
市の三役七九二
市議会議員七九三
教育委員七九七
農業委員会七九八
財政七九九
中村市の機構八〇五
市政のあゆみ(昭和四十年~五十七年)八一〇
都市計画事業八六七
都市計画の三事業八六八
街路の新設と拡張等八七八
区の増加八八一
市民表彰の人びと八八四
昭和四十四年、昭和四十九年、昭和五十二年、昭和五十五年八八四
民俗編     (上岡正五郎) 
八九九
昔のくらし八九九
僻地幡多 八九九
貧困地幡多九一二
貧困の要因九一四
貧困の実例九二一
生活規制と庶民のあり方九三四
藩政期の刑罰九四四
芸能九五〇
中世末期の芸能九五〇
近世の芸能九五三
明治大正期九六九
中村の民謡等九九八
中村市文化推進協議会と加盟団体一〇二三
年中行事一〇二六
民話     (威能 勉) 
伊礁の悲恋物語一〇三三
海の水はなぜからい一〇三五
葱と泰作さん一〇三七
竹島の蛇渕一〇四〇
蛇越の伝説一〇四一
わんのごぜんさま一〇四四
話好きな殿さま一〇四五
吸いつこかの話一〇四六
お伝渕の伝説一〇四七
七夕さまの伝説一〇四八
まんじゅうの話一〇四九
隠れ岩の伝説一〇五〇
あわて者のねはん参り一〇五〇
泰作の焼酎売り一〇五二
泰作の屋根ふき一〇五三
ほらふき競べ一〇五四
不破の耳神さま一〇五五
寺池のなまず一〇五六
杖と水一〇五六
与作山の伝説一〇五八
港柱様の伝説一〇六〇
焼米坂の伝説一〇六一
七人岬の伝説一〇六二
名鹿沖の小島一〇六三
フクロウの伝説一〇六三
炭焼き又次郎の伝説一〇六四
お埋講相撲の伝説一〇六七
白ペン黒ペンの伝説一〇六八
向う倍力の伝説一〇七〇
観音滝の伝説一〇七一
猪舞の伝説一〇七二
泰作のにわか太夫一〇七二
若藤の蛇渕の伝説一〇七四
泰作さんと松明(たいまつ)一〇七五
泰作さんのノミとり作戦一〇七五
片魚の由来一〇七七
和尚と小僧の話一〇七八
泰作さんと仏法僧一〇八〇
やぶ医者一〇八二
泰作さんのただ飯食い一〇八四
泰作さんと雨一〇八六
死人谷(しびとんだに)の伝説一〇八七
どじょうなべ一〇八七
泰作さんともぐさ一〇八九
猪肉と神経痛一〇九〇
中村市の方言     (浜田数義)一〇九一
幡多言葉一〇九一
幡多言葉とヒガシコトバ一〇九二
中村市方言のアクセント一〇九五
中村方言の音韻一一〇九
中村方言の語法一一一〇
中村方言の語彙一一一一
泊り屋     (橋田庫欣)一一二三
泊り屋の分布一一二四
名称一一二五
構造一一二五
泊り屋の起源一一二七
泊り屋の機能一一二八
泊り屋の廃止一一三〇
中村市内の泊り屋明細一一三二
文化財編     (森太平) 
国指定一一四九
重要文化財一一四九
天然記念物一一五五
県指定一一五六
有形文化財一一五六
無形民俗文化財一一五七
天然記念物一一五八
市指定 一一五九
有形文化財一一五九
無形民俗文化財一一八三
天然記念物一一八六
年表     (森 太平)一一九五
あとがき