下松市/郷土資料・文化遺産デジタルアーカイブ

下松市の文化財

市指定文化財

花岡八幡宮文書

《市指定有形文化財》
(古文書)花岡八幡宮文書(はなおかはちまんぐうもんじょ)六十通(九巻)

指定年月日昭和48年9月22日
所在地下松市花岡戎町
所有者花岡八幡宮

 花岡八幡宮に現存する室町時代末期から安土桃山時代の頃までの古文書
  豊臣家御朱印状                2通1巻
  大内家・陶家よりの古文書           5通1巻
  毛利家よりの古文書              14通1巻
  花岡八幡宮祭典入目三十三度分検地打渡坪付書  25通2巻
  花岡八幡宮寺領御打渡坪付           9通2巻
  日向守様御打渡坪付              2通1巻
  地蔵院・仏画修復に関するもの         3通1巻
これ等の古文書は花岡八幡宮社坊の筆頭で別当職の地蔵院が管理し「地蔵院文書」として知られていたが明治初年坪付書は八幡宮に移管され、他の古文書はその後、人手を経て昭和の初めに八幡宮に奉納される。