下松市/郷土資料・文化遺産デジタルアーカイブ

下松市の文化財

市指定文化財

鰐口

《市指定有形文化財》
(工芸品)鉄造 鰐口(わにぐち) 一口

指定年月日昭和51年6月29日
所在地下松市花岡戎町
所有者花岡八幡宮

 面径36.3cm、面厚17.8cmと比較的大形の鋳鉄製鰐口で、表面の左右に銘文が次のとおり陽鋳してある。
  「奉寄進□□津郡華岡八幡宮鰐口依子進名人」
  「建立之右者為□□息□長久諸願□□也
     干時寛永元甲子年九月吉日敬白
     華岡村頭人中村宗左衛門      」
 このことから、この鰐口は寛永元年(1624)に花岡八幡宮に寄進されたとわかる。
 その後、文化2年(1805)新しい鰐口が奉納されるまで180余年の長きにわたり社頭に懸けられていた。
 全体的に中世風で近世的な形のくずれのない優品であり、県下でも最も古例に属する。