宇部市教育委員会/宇部市デジタルミュージアム

宇部市の文化財

福原家文書 翻刻

毛利元春書状

画像を見る
安芸国内部庄内福原村事、五郎広世所譲与也、然者不可有也妨、仍譲状如件
   康暦三年正月十三日      元阿(毛利元春)(花押)
 
 
今川貞世書状4

画像を見る
任京都御教書(足利義満)旨、了俊(今川貞世)相共可被致忠節之由、一同之請文候之上者、本領並当知行地等事、不可有相違之状如件
   至徳二年六月十一日       沙弥(今川貞世)(花押)
       毛利左近大夫将監(広世)とのへ
 
 
今川貞世書状5

画像を見る
安芸国三入本庄新庄事、任先立申定旨可令知行、可被致
沙汰之状如件
   至徳二年八月十日        沙弥(今川貞世)(花押)
       毛利大夫将監(広世)とのへ
 
 
今川貞世書状6

画像を見る
御下向事悦入候処ニ、関口あなかち申候、御舎兄も仰候上ハ、さ候ハゝ、来九十月頃まて御逗留候へく候、これより重て申へく候、故入道殿御一所ニ候し事思出申候間、必ゝ御一所ニ候へく候、憑申候也、それの事迄一向御方便候付而、間関口ちからをうしなふへきよし申候間、しハらく御とゝまり候て諸事御合力候へく候、御志ハ弥可畏入候也、恐ゝ謹言
「至徳三年」(後筆)
     七月廿四日       了俊(今川貞世)(花押)
       毛利大夫将監(広世)とのへ
 
 
足利義満書状1

画像を見る
(足利義満)(花押)
 安芸国内部庄内福原村事、任支配毛利左近大夫将監広世可令領知之状如件
   至徳三年十一月廿五日
 
 
今川貞世書状7

画像を見る
毛利左近大夫将監申、安芸国内部庄内福原郷地頭職事、任父(毛利元春)譲状旨、安堵事可有申御沙汰候、以此旨可有御披露候、恐惶謹言
        (嘉慶元)八月廿一日     沙弥了俊(今川貞世)(花押)
 進上 左衛門佐(斯波義将)とのへ
 
 
斯波義将書状

画像を見る
安芸国内部庄内福原村事、任安堵之旨、可被沙汰付毛利左近大夫将監広世之状、依仰執達如件
   嘉慶元年十二月十八日     左衛門佐(斯波義将)(花押)
       今河伊与入道(貞世)殿
 
 
 
 
足利義満書状2

画像を見る
(足利義満)(花押)
大内入道(義弘)隠謀露顕之間、所加冶罰也、早可致忠節之状如件
   応永六年十月廿八日
      毛利左近将監入道(広世)殿
 
 
畠山基国書状

画像を見る
為御方致忠節者、可有抽賞之由、所被仰下也、仍執達如件
   応永六年十一月二日       沙弥(畠山基国)(花押)
       森将監入道(毛利広世)殿
 
 
 
 
足利義満書状3

画像を見る
(足利義満)(花押)
佐馬頭事有上洛之様、相談武田伊豆入道(信守カ)令籌策者別而可抽賞之状如件
    応永七年八月十七日
        毛利左近将監殿
 
 
毛利光房誓文条々

画像を見る
誓文条ゝ
右今度御心さし有難候、此上ハ御子孫ニいたり候ても、存等閑事あるましく候、小法師丸御扶持候うへハ、御子息達互水魚思、一家中取分親子兄弟同事ニ可存候、若此条偽候者、可罷蒙日本国中大小神祇、八幡大菩薩・伊勢・熊野・妙見・厳嶋御罰候、仍為後日誓文状如件
   応永廿五年五月廿六日      備中守(毛利光房)(花押)
      毛利庵室殿
 
 
敬白起請文事 毛利光房

画像を見る
敬白起請文事
右今度一家者共ニ悉被背候之処、御父子三人(福原朝広・広俊・誠親)以御同心踏当城、度ゝ散無念、愚息小法師丸事達上聞候、是偏ニ御芳志之謂候、(毛利光房)若吉田無為候時、小法師丸忘此御恩、依一家中之讒言、対御両三人存等閑事候者、於子孫可為不教(孝)候、身事又至申披候、罷下候者面ゝ故ニ縦雖失一命、本領程之儀出来候、内外可為一味同心候、自然於親類中喧𠵅等も福原殿我ゝ内者可為一所候、但如此ハ申定候へとも、就雑説被捨申事候者、此請文可為徒事候、子共成仁候間者、殊可有御扶持候、若偽申候者、可罷蒙日本国中大小神祇、殊伊勢太神宮・八幡大菩薩・厳嶋大明神御罰候、仍誓文状如件
                  備中守
   応永廿六年六月十一日    (毛利)光房(花押)
      福原殿御兄弟(広俊・誠親)御中
 
 
毛利光房書状

画像を見る
尚/\御ご子息之事ハ取分のおよひ(及)、とりたて可申候、又我ゝ如何様事も候ハ、小法師事ハ一かと御ふち(扶持)候て給候へく候
如仰今度親類共に皆ゝ被捨候之処、以御同心之謂、達上聞、雪会稽候、此於御芳志者生涯忘不可申候、千万向後如何様子細出来候共、於一家中も執分不可存等閑候、縦雖罷上候、当城ニ押寄候者軈而可罷籠候、加様諸事約諾申候上者、雖如何躰事候、疎ニ存候事あるましく候、於御子息候て殊少も不可有等閑之儀候、此御意の通にて候ハゝ、惣/\一家ニ向後重而被背候共、御内へおろかを存者なし申ましく候、此条偽候ハゝ、日本国大小神祇、・伊勢・八幡・熊野之御罰を可罷蒙候、恐ゝ謹言
    (応永二十六)
     六月十二日          光房(花押)
      毛利福原殿
 
 
平賀・宍戸・高橋連署状

画像を見る
今度御霍(確)執事、面ゝ両三人口入申候、仍属無為候上者、万ケ一御一家御方より無法次第候者、此三人一切致奔走可罷立御用候、若又貴殿様御方より被乱事候者、一偏御一家御方を合力可申候、厳嶋八幡も御罰候へ、此旨不可申偽候、仍契状如件
 
 
             (後筆)平賀(頼)
  応永廿六年極月廿四日      瀬宗(花押)
             (後筆)宍戸
                  弘朝(花押)
             (後筆)高橋
                  玄高(花押)
 
 
     (福原)庵室殿
  毛利也
     小法師殿