東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

『万葉火』を灯す町

6.万葉の里

万葉の関連活動

 昭和50年(1975)に始まったあきつ芸能祭は、安芸津で活動しているグループのステージ発表の場として長年にわたり開催されています。
 主催者は「伝統(でんとう)ある安芸津町の芸能文化を発表する場です。見応えのある子ども達からお年寄りまでの楽しい芸能・音楽などの数々。美味しい食品バザーもあります。たくさんの皆様方の、鑑賞・応援(おうえん)をお待ちしています。」と語っています。
 この芸能祭も東広島市との合併後、「万葉の里あきつ芸能祭」と改称(かいしょう)されました。
 

 【あきつ芸能祭のステージ発表】