東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

資料編

3 用語解説

請 花 うけばな
 蓮弁をデザインした上向きの弁を彫りめぐらせる花形で、塔の相輪の九輪の下、宝珠の下などに置かれる。
 
鶯 塚 うぐいすづか
 高屋町白市の白山城山麓の光政寺近くに所在する。松尾芭蕉の門人志太野坡の高弟で俳人の多賀庵風律が寛政五年(1793)に建てた石碑。多賀庵は広島城下にあり蕉門野坡流の中国地方の拠点。
 白市は江戸時代俳諧の盛んな町であり、この山麓にはよく鶯が啼く。