東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

遺物編

第4章 その他

14 木原保満寄進石造物集成

所在地 東広島市高屋町白市
年 代 江戸時代 宝暦十一年(1761)
形 状 花崗岩 高さ三二三cm ヨコ一一〇cm タテ一一〇cm
形 式 神前形
銘文 正面 奉建立
      (内側)宝暦十一辛巳天三月吉辰
      (外側) 施主 木原保満 同苗元章
概 要 木原保満が前項の養国寺石灯籠(1)寄進の10年後に嗣子元章と共に寄進したもので、本堂前左側にあり、対になっている。
 (用語解説 養国寺 参照のこと)

[養国寺石灯籠(2)]