東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

遺物編

第4章 その他

3 顕彰碑

所在地 東広島市豊栄町安宿
年 代 昭和五十六年(1981)
形 状 花崗岩 高さ二〇〇cm ヨコ七四cm タテ二二cm
        (太鼓径五〇cm タテ五八cm)
銘 文 岡田寅一先生頌徳碑
    門弟有志 本宮八幡神社宮司 佐伯守義書 昭和五十六年九月六日
概 要 豊栄神楽の中で特に名の知れた演目は「五行祭」で県の無形民俗文化財に指定されている。
 伝統芸能である豊栄神楽を広く後世に伝えるために、安宿の里に神楽の象徴である太鼓を二つあしらった岡田寅一先生を讃える珍しい碑である。

[岡田寅一先生頌徳碑]