東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

遺物編

第3章 土木・建築

10 指差道標集成

所在地 東広島市河内町宇山
年 代 大正十三年(1924)
形 状 花崗岩 高さ一〇〇cm ヨコ二〇cm タテ二〇cm
銘 文 右 小田 和木 大草 左 椋梨 徳良 久井
    大正十三年一月吉日建之 宇山村峠主
概 要 宇山の県道347号河戸豊栄線から三原市大和町椋梨への道へ入った所にある。
 文字だけ彫ってある道標に較べて、指差の形の彫り込みがあると、人の温もりを感じて旅の疲れがほぐれること間違いない。
 そんな温もりのある道標がなぜか、当市北部に多く残っている。

[宇山指差道標(1)]