東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

遺物編

第3章 土木・建築

5 水路

 (登 録)
所在地 東広島市西条町郷曽
年 代 昭和五年(1930)
形 状 花崗岩 高さ一二〇cm ヨコ九〇cm 長さ三二七m
概 要  西条町郷曽柏原地区では深道池が容易に満水にならないため、70戸の農家が旱ばつの年には灌漑用水が不足し困っていた。
 これを解消するには小田山(こたやま)から深道池に水を引き込む必要があったが、この間の山は岩盤であり、当時の土木技術ではトンネルを掘ることは容易ではなかった。
 沖田嘉市は独力でトンネルを掘ることを決心し、昭和二年(1927)工事に着手した。
 念仏を唱えながら3年間で約30mのトンネルを掘り進んだ。後に地域の人が工事に加わり、昭和五年(1930)に全長327mが完成した。
 稲生神社沖田嘉市頌徳碑がある。

沖田嘉市頌徳碑


中の峠隧道