東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

遺物編

第2章 信仰(2)

12 盃状穴集成

所在地 東広島市西条町田口
年 代 不明
対象物 古墳の蓋の説あり
形 状 花崗岩 高さ三七cm ヨコ一七八cm タテ五七cm
穴 数 十六
銘 文 八(の字らしきもの)
概 要 棟札によると貞享三年(1686)と宝暦十三年(1763)に本殿を再建している。
 本遺物は拝殿の踏み石に使用されていたが、元は旧石器時代の遺跡があるガガラ山にあったという。「八」字も認められ古墳の蓋との説もある。

[亀山八幡神社盃状穴]