東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

遺物編

第1章 信仰(1)

21 巨石信仰

所在地 東広島市八本松町篠(虚空蔵山山頂近辺)
年 代 不明
形 状 花崗岩 高さ一八・三m ヨコ一六・五m タテ九・二m
概 要 岩蔵神社は延暦元年(782)に創祀され、往古は佐々村明神と称し、現在の虚空蔵山(こくぞうざん 666m)の岩窟中に奉祀したと伝える。
 岩蔵(旧名岩倉)神社の祭神は京都・上賀茂神社の祭神で賀茂族の神であり、岩窟は昔賀茂族がこの地に入ったとき先祖を祭った原始神社の遺構と考えられている。
       (用語解説 岩蔵神社 参照のこと)

[岩蔵神社巨石]