東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

遺物編

第1章 信仰(1)

15 行賢遺跡

所在地 東広島市高屋町大畠
形 状 花崗岩 高さ一四八cm ヨコ五八cm タテ二三cm
年 代 南北朝時代 暦応三年(1340)
形 式 自然石板碑
種 子 カンマーン・不動明王
銘 文 暦応三庚辰  行賢
概 要 民家邸内に所在し板碑は頂部が山形で2個に分割され、行賢の銘文が見える。
 本板碑の左側にバン・金剛界大日如来の種子を刻した板碑の残欠が並置されている。残欠は板碑の上部の部分で高さ六三cmである。

[大畠不動明王種子板碑]