東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

遺物編

第1章 信仰(1)

15 行賢遺跡

 (県重文)
所在地 東広島市高屋町稲木
年 代 鎌倉時代 正中二年(1325)
形 状 花崗岩 高さ一四八cm ヨコ五二cm タテ三〇cm
形 式 自然石板碑
種 子 バン・金剛界大日如来
銘 文 右為入蓮 正中乙丑十月日
    願主 行賢
概 要 死去した入蓮を供養するために建立したものである。板碑の右側に割石のノミの跡が残っている。  (用語解説 行賢 参照のこと)
 (東広島市教委の呼称は石造供養碑)

[西福寺跡大日種子板碑(1)]