東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

遺物編

第1章 信仰(1)

14 古墓

所在地 東広島市高屋町
年 代 江戸時代 元和元年(1615)
形 状 花崗岩 高さ一八二cm ヨコ二〇cm タテ二二cm
銘 文 元和元乙卯十月八日
概 要 頂部が山形の板碑は墓碑に変遷する。本遺物はその過渡期のものであり、自然石をある程度整形して頂部を山形に、表裏の面を平らにして文字を刻んでいる。
 山形は変化をしながら、現在の主流である平らな面をした角柱形に変わってゆく。

[高屋夫婦古墓]