東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

遺物編

第1章 信仰(1)

11 石仏

所在地 東広島市安芸津町木谷
年 代 江戸時代 天保十二年(1841)
形 状 花崗岩 高さ一九五cm ヨコ三八cm タテ三二cm
銘 文 術善信士 妙恵信尼 妙善信女
    塩浜願主 木之峰和平 永代九月十四日
    濱子惣体丁銭三分
    天保五年十月廿七日 和平娘於□□□
    天保十二丑年九月十四日和平□女□□
概 要 塩田主である木之峰和平が先祖と娘の供養のため、塩田を一望できる丘の上に建立したのであろうと推測できる。
 地蔵菩薩のお顔が前と左右に向いている三願地蔵は珍しい。
        (参考 奈良・興福寺の国宝 阿修羅(あしゅら)像は三面六臂)

[木谷三顔地蔵石仏]