東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

遺物編

第1章 信仰(1)

8 板碑集成

 (市重文)
所在地 東広島市河内町小田
年 代 室町時代 永禄十三年(1570)
形 状 花崗岩 高さ一七四cm ヨコ四九cm タテ二四cm
形 式 自然石板碑
種 子 円相中の種子が削られ不明
銘 文 平朝臣大府侍郎景範
    逆修 仁渓常徳居士存位 法華妙典
    永禄十三庚午十月珠日□ 敬白 二千部供養
概 要 小田城主景範が建立した逆修板碑であり、経典二千部を供養し仁渓常徳居士の追善と自身の来世供養をおこなっている。
 (東広島市教委の呼称は小田八幡神社板碑)

全景


[小田八幡神社種子板碑(2)]