東広島市立図書館/東広島市デジタルアーカイブ

東広島市の石造物

遺物編

第1章 信仰(1)

7 経塚

所在地 東広島市八本松町吉川
年 代 室町時代 天文二十一年(1552)
形 状 花崗岩 高さ一四五cm ヨコ四五〇cm タテ三九〇cm
形 式 一字一石塔
概 要 浄土真宗本願寺派 多聞山西福寺
 創建は南北朝時代の応安元年(1368)で禅宗の寺院であった。
 天文二十一年槌山城が落城した。当時の住職は宝蔵といった。
 槌山城の城番衆、菅田越中守・大森(大林とも)和泉守・尾和備後守ら3人の武将は、宝蔵に帰依して西福寺の檀徒となっていた。
 3人の武将と供の兵士たちは、かねてより「先祖・後孫の菩提を弔ってほしい」と宝蔵に依頼していたので、宝蔵は大般若経六〇〇巻を転読し、また、莫大な数の小石を村人に運ばせて、石に経文を一文字ずつ書写し、土中に埋めて経塚を作った。このような一字一石塔と呼ぶ。
 この経塚は現在も本堂の西側に現存して石垣が護られ、中央に五輪塔が造立してある。
  (用語解説 一字一石塔 参照のこと)

[西福寺経塚]