和歌山大学図書館 地域史料デジタルアーカイブ

紀州藩文庫より郷土誌料

郷土誌料 

      〔心覚帳〕 〔心覚帳〕[目録]


翻刻 (画像番号)
  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | 10  | 11  | 12  | 13  | 14  | 18   


<翻 刻>
 
1     画像

安政三辰二月十六日
 心覚帳
     河嶋
 
2     画像

一二月十六日江戸朝六時出立仲間中平御門外迠
 見送本馬壱疋外ニ組頭可児才蔵津守愛之助
 水谷庄蔵都合四人之道中内本馬壱疋都合二疋
 継立品川改三十八貫目二疋共六郷川打渡リ川崎宿ヘ
 四時比着ニ而萬事屋昼支度八百文江戸表ゟ参リ
 呉候陸尺利吉祝儀ヘ三百文四人ゟ遣候事尤晴天
一同神奈川宿ニ而小休又程ケ谷之内権田坂ニ而同断戸塚宿ヘ
 夕七時比着止宿伊勢屋弥左衛門宿料弐百文ツヽ
一十七日今朝六半時比戸塚出立江ノ嶋ヘ可廻処強雨風も
 強無余義相止昼支度南郷四十【□(見消し)】四文藤沢遊行寺ヘ
 参詣小田原迠可罷越処前書故歩兼候付大磯ニ而
 止宿八ツ時比着松延屋仁四□(郎(虫損))宿料弐百文夫婦誠ニ賀し者ニ而
 行届世話呉候付茶代弐百文四人ゟ遣ス右江之嶋廻リ延引ニ
 相成候付先觸通ニ者難宿藤沢宿も大磯と相成候事
一十八日大磯宿朝六半時前出立小雨ニ而小田原ニ而昼支度
 和田屋安五□□(郎□(虫損))十八文夫【故(見消し)】ゟ箱根山江掛リ山中ニ而青木
 はし五十セん求百文箱根皮田角右衛門かたへ夕七時比着泊リ
 例之通一盃出□(虫損)候付壱人前壱朱ト五十文ツヽ遣し昼過ゟ
 雨も上リ併クモリ候前日強雨者箱根者雪降リ候与
 申候尤道者悪しく候事小田原泊リ之筈操込峠泊リ
 
3     画像

一十九日箱根朝六半時比出立晴曇道あしく沼津ニ而昼支度
 米屋利七三嶋明神ヘ参詣箱根山中ニ而ふしミゆる原ゟ吉原
 迠者くもりニ而不見吉原宿泊暮合比着油屋平右衛門宿料二百文
 三嶋泊リ之処操込吉原ニ泊リ
一廿日吉原朝朝【(衍)朝】六半時出立晴ふしミゆる冨士川満水ニ而十七日ゟ
 川留之処今朝四時川開ニ而無故障渡舟岩渕ニ而名物くり
 之粉もちたべ昼支度油井萬年屋八十四文清見寺ヘ
 参詣さつた峠ニ而ふじミゆる小休江尻泊リ七時比着小嶋屋
 政右衛門弐百文尤ふじ川□(虫損)開ニ付諸相一時ニ相成大混雜然処
 御威光 公儀之外一番船ニ而渡る江尻泊リ七時比着小嶋屋政右衛門
 前帳通宿料
一廿一日江尻朝六時出立晴曇五半時比阿部川無故障打渡
 越賃本馬三百七十二文人五十文岡部ニ而昼支度松原屋六十文
 名物阿部川餅二盆たべる四十八文嶋田宿リ七時比着角屋
 甚左衛門宿料前帳通リ
一廿二日嶋田朝六半時比出立晴曇五時比大井川無故障
 打越賃銭本馬七百八十文人九拾四文日坂ニ而休ミ名物
 あめのもちたべる二十文同所昼支度千代本枩某六十文
 金谷ゟ日坂迠之間ニ而更夜の中山遠鏡ニ而見る見附泊リ
 七半時比着倉田屋政右衛門宿料弐百文世話ニも成候付茶代
 弐拾四文ツヽ遣ス
 
 
一廿三日見附六半時出立小雨濱松ニ而昼支度嶋屋某
 七拾弐文此間道普請上リニ而すべり道難儀天龍川
 無故障渡舟二タ瀬相成有之見附ゟ近道廻リ候処昨年之
 大水ニ而在家田畑大荒村混窮袖乞の者道々ニ立有之哀成
 事ニ候渡舟五時比夫□荒井渡海舞坂舟世話杵屋
 傳一郎茶代百文四人ゟ遣ス舟壱艘借切四百拾七文四人割
 荒井江無故障着船終日小雨七時比疋田弥左衛門ヘ泊る
 例之通一盃出ス鰻ニ而支度壱人前壱朱与百四文ツヽ
一廿四日荒井朝六半時比出立晴曇風強殊ニ寒く候
 昼支度吉田玉屋宗吉五十二文藤川泊リ七半時過比
 着谷沢屋柳助宿料弐百文
一廿五日藤川朝六時比出立晴曇八時比ゟ雨昼支度者
 池鯉鮒豊嶋屋音三郎六十四文宿リ宮七時比着
 例之イセ屋傳左衛門ヘ可泊筈唐津家来止宿ニ而差支
 候様ニ宿引大和屋長三郎途中ニ申候付其義ニまかセ
 同人かたへ泊リ□□(虫損)然処一盃出し候付茶代共三百拾弐文ツヽ
 遣ス然共☐(舟(虫損))者矢張イセ傳ヘ頼候事本馬百六十四文
 人弐百拾弐文大和屋ゟ船場ヘ駄荷連(ママ「運」)賃車代四拾八文
 弁当代百拾弐文右之通致候ヘ共矢張押掛イセ傳ヘ参リ
 掛合候方宜候彼是不都合ニ有之候
 
4     画像

一廿六日晴宮渡海五時ゟ夕八半時比無故障桑名ヘ
 着船小支度靍屋金三郎九十文ツヽ夫ゟ桑名之名物
 焼蛤合宿宮田☐(虫損)村ニ而一盃之魚トたべる四日市宿リ暮合
 比着扇屋半兵衛壱盃出し候付弐百文之外ニ茶代四十八文
 ツヽ遣ス此宿至而奇麁(ママ「麗」)元脇本陣之由之処昨卯年之
 地震ニ而一宿大半潰焼失新家ニ而候得共万事手都合宜候
 遊女有之候得共御用宿申付故か一切出し不申候
一廿七日四日市朝六時過出立晴昼支度亀山松屋某
 百四文石薬師関ノ地蔵ヘ参詣名物火縄其内ニ細く
 先前赤く染むすひ廿筋程一所ニ括つリ下ケ有之候付所
 之者承リ候処懐妊の筋(ママ「節」)腹帯ニ致し候ヘ共産安くよし申候付
 一把十八文ニ而求る坂の下泊リ七時比着和泉屋善三郎尤
 弐百文宿料関地蔵ニもち色々たべる
一廿八日坂の下朝六時過出立晴合宿大野村ニ而一盃兼
 昼支度松屋某百弐拾四文ツヽ鳥沢山ニ有之候草津
 泊七半時過着山田屋長三郎此宿改所役人之由ニ而問屋前
 都合宜候宿料弐百文之外茶代四人ゟ百文遣ス此宿ヘ
 泊リ候様前夜坂の下和泉屋ゟ引札呉候付泊リ候處
 随分奇レイニ有之改所之都合大ニ宜候府中ニ而改候節
 三人組合者四拾三貫目有之候へ共 御屋形之儀以後相心得
 
 
 候様申聞事済野子之者矢張三十八貫目尤品川ニ而者少し
 マシナイ致候故か組合も三十八貫目致し有之候
一廿九日草津宿朝六半時比出立晴瀬田通リ者本
 海道なれ共晴天ニ付姥餅角ゟ矢走瀬道ヘ廻リ
 同所舟ニ而相渡大津宿四時着船致し同所ニ而昼支度
 問屋前南面角与覚候夫ゟ伏見海道江罷越右支度名前
 伊勢屋長兵衛矢走瀬舟賃拾五文切ニ而其外草津ゟ馬賃
 ニ而事済尤大津船場ゟ問屋江七八丁も有之候得共運ちん
 取☐リ馬ニ而者無之かたの上之事伏見ヘ八時比着水二つ
 ニ而夕支度夜舟之処☐日も高乗組も有之候付直ニ乗船
 致し候事舟賃本馬四百文人百文なれ共例之通
 御屋敷ニ而切手替候ハヽ御證文ニ而安く上リ候筈取急き組頭
 取極候付無其義致候ヘ共矢張例之通致方宜候夜五時過比
 播磨屋権六方ヘ着船同所泊リ弐百五十文水六支度
 九拾文か様なむたな事者いたさぬか宜候夜舟積様ニ致し
 候ハヽ片はたこニ而相済候処前書之通致候付支度二重ニ相成
 つい急有之候併なから夜之処昼乗組候付舟中者大ニ宜
 候ヘ共着船ニ而□(虫損)不都合ニ有之候
一三月朔日大坂朝六半時比出立雨風昼支度高石
 家名不知八半時比貝塚ヘ着泊る紀伊国屋某宿料
 弐百文
 
5     画像

三月二日
一貝塚朝六半時過出立晴昼支度山中三右衛門同所ニ而
 服替着永し裁附山口江八時前着同所ニ馬壱疋ゟ
 無之組合者かたニ而夫々宿ヘもち附野子之者馬ニ而
 もち附八軒屋ヘ罷越候処山田仁之助磯本熊助中嶋
 熊吉田中長兵衛待受呉有之中嶋ゟ八寸壱組山田
 ゟも同断残時酒【取合(見消し)】取かわし相済七時過ゟ熊助同道
 元女中屋敷田中明右衛門跡小野田屋善助借家ヘ夕方着候処
 山田仁右衛門磯本姉保代三郎中嶋母人夫々待受呉有之
 夜五時比迠歓酒取かわしいつれも六年振ニ而無事之
 對面大歓喜之事山田八郎も参リ有之善次榎本
 前書向出し無之筈なまじいに水谷喜蔵ゟ同様有之旨
 江戸表ニ而相咄し候付実与為一端向出し夫々江断有之候様
 被仰候付又々申遣し【☐☐(見消し)】其通致替候処水谷ゟ出立同段
 ちかひ候付而者大坂ゟ宿附遣す筈無之与御留有之与
 相聞候付大坂ゟ宿附無之故延着後込其義無之候付
 夫々江頼越与不相違致赤面致候ヘ共大ニ都合者宜
 大晴致し別而両家之御心懇難有大歓之事
一江戸ゟ若山迠之本馬代拾貫七百六十一文
 同断船賃其外川々本馬代壱貫九百文
 
 
安政六未二月廿二日昼後ゟ風雨夕方迠晴
一今朝六時比才蔵方寿輔方誘引被下候付夫より
 長兵衛山田八郎熊助吉次等ニ被送つゝ鈴丸橋ニ而
 東西之別ニ而小野山峠ニ而休候処大雨ニ相成山中駅ヘ参
 候比者風雨残時見合昼支度次左衛門七十文然處
 雨止ミ晴曇七時比貝塚ヘ着紀伊国屋ヘ宿二百五十文
 山口駅中川信濃殿小林文八殿ニ出會御挨拶申候
廿三日晴曇
一今朝六半時貝塚出立堺着仲休入口三軒屋ニ而中食一文字屋
 百八文品悪有之夫ゟ住吉社ヘ参詣長町通リ大坂
 播磨屋権兵衛宅ヘ八時過比片旅籠【一(見消し)】百三十文其外ニ
 茶代弐百文三人ゟ遣之船仕切ふとん宜筋願候処船仕切ハ
 宜候ヘ共ふとん通倒同所ニ而中川殿小林殿出會申候又弟儀
 内々大坂参リ有之候付久々ニ而互之無事祝着いたし土産
 もの遣候処折詰すし同焚しめ物呉候付船中ニ頼ニいたし申候
 然處同夜五時比出船いたし候其外船入用奥ニ印ス
廿四日晴雲夕方小雨
一今朝五半時比伏見ヘ着船水六ニ而片旅籠百廿四文
 夫ゟ大津街道藤の森ヘ参詣大亀谷谷口町ニ而山桜右ニ
 開盛左ニ梅花同段ヘ大塚ニ而休ミ又走井ニ而休名物餅
 五ツ給る拾五文大津瀬田廻リヲイ合ニ而義仲寺参詣木曽殿
 
6     画像

 芭蕉之石碑有之[木曽殿後合セの/寒かな]石寺前呼つき松与
 認候松壱本有之唐橋渡リ所々ニ而休ミ草津入口姥餅
 五十文同所宿然処才蔵方大津ゟ駕籠ニ而先達而参リ
 辰年宿候納屋役人ニ而山田屋与申旅籠屋有之処代替リ
 ニ而無之故御用宿申付☐納屋役人ニ而都合宜候丹波屋
 長兵衛弐百五十文ニ茶代弐百文遣ス寿輔方ゟ酢魚
 ニ而一盃被出候
廿五日晴
一今朝六半時比草津石部水口ニ而中食百拾二文ます屋
 稲田川ニ而浅野外衞ニ出會浅野家一家老之由青貝子ハ越
 右橋向ニ景清の手洗水あり夫ゟ大野ニ而休同所[北者大野/南ハ徳原]
 と而 公邊ゟ五石四斗の者五十人有之鉄炮御免之場所之由
 鳥沢山賣候得共脇ゟ持参リ候由右故其所ニ而鳥余リ無之由
 土山坂の下ヘ七半時過比着宿鈴ケ森峠下権現ヘ参詣
 伴屋八左衛門弐百廿四文
廿六日晴
一今朝六半時比坂の下出立関地蔵ヘ参詣亀山庄野ニ而
 中食百文近江屋同宿ニ而浅野家家老浅野右近中食
 惣青貝見越持鑓見事夫ゟ石薬師日永村名物
 餅給る廿壱文四日市宿ニ而同所ゟ船ニ可乗筈之處
 順道無之故相止富田ニ而名物焼蛤一盃廿四文蛤代出ス
 
 
 右者両人方先達而参リ一盃給居候処参リ右之通ニ而宜与
 申候桑名ヘ夕方着宿茂(モテ)福屋善左衛門弐百五十文ヘ
 茶代弐百文遣ス良之助さし身焚肴ニ而一盃出ス
 五匁五分其外入用奥ニ印ス
廿七日晴
一今朝五時比桑名渡海順風ニ而八時過比宮ヘ着船
 いセ屋傳兵衛ニ而支度百十二文菓子膳の上ニ而一盃出し候付
 茶代三人ゟ二百文遣ス同所ニ而中川殿小林殿出會申し候
 夫ゟ鳴海池鯉鮒宿夕方綿屋孫八二百廿四文
廿八日晴
一今朝明方鯰鯉鮒宿出立松原迠参候処跡ゟ宿之者
 かまけ別(わす)れ候と而追懸持参リ候事ヲカシク有之候
 夜前者麁抹故大躰御苦労与申事ニ而【大☐(見消し)】大濱
 名物そは三拾二文岡崎藤川中食七十五文【あなこ(注記)】家名不知
 赤坂御油吉田泊リ其合三度程休ム夕方着東や栄吉
 二百五十文一盃代百六十文
廿九日晴
一今朝明方吉田宿出立二タ川白須賀荒井江九時
 比着疋田源左衛門方中食三ツ魚ニ而一盃例之うなき
 ニ而中飯壱朱も遣ス相済荒井渡海八時比舞阪ヘ
 
7     画像

 着船用達源馬徳右衛門ニ而休候処地産のり拾枚呉
 候処茶代三人ゟ弐百文夫ゟ休ミ/\七時比濱松ヘ
 着宿る大黒屋思左衛門弐百五十文和尚ゟ一盃給る
 茶代壱朱遣ス此義尓て不致疋田弥左衛門江両人より
 別段壱朱よないニ遣之候喜事被存候
三月朔日晴八時比ゟ風雨
一今朝五時前比【吉田(見消し)】濱松出立見附袋井ニ而中食七拾四文
 蔦屋夫ゟ掛川【宿之処同所(見消し)】二十丁計手前宿者之邊
 より風雨ニ相成候付同所ニ而宿る仕立屋紀平二百廿四文
 濡物世話ニ相成候故五十文三人ゟ遣ス外正河ゟ百文遣ス
二日晴朝風強
一今朝六半時比掛川出立日坂名物あめの餅給る【二十文(注記)】同所山ノ
 左手すたれ桜壱本盛夫ゟ金谷四半時比大井川
 無故障渡る嶋田宿中食百八文ツヽ夫ゟ嶋田藤枝
 両三度休ミ岡部宿八半時比輪違屋三郎兵衛二百
 五十文菱切餅三ツ呉候付茶代百文遣ス一盃給る三百文余リ
三日晴
一今朝六半時比岡部出立丸子宿入口吐月峯与申
 庵へ立寄左之名器見物三人ニ而百文茶代竹はし
 花生求百八十文廿四文丸子阿部川相済同所ニ而名物
 
 
 餅二タ盆四十八文府中改相済小吉田ニ而名物
 桶酢しニ而壱盃支度共九十一文江尻【奥津(注記)】さつた峠
 海つたいニ而由井宿七時過比着御用宿申付御用達
 有之由ニ而細屋ゟ案内罷越候処【不都合故一ト通申候処(注記)】亭主雜言申出候【☐☐(見消し)】付
 彼是申なから宿うと丸屋二百五十文
  吐月峯名器  御朱印五石
 足利吉政ゟ一休ヘ被下夫ゟ宗長ヘ給候ふんふく茶釜
 一休ノテツハツ ナンハンテツ
 鈍奈法師 神君ゟ拝領の和声の筝
 今川氏親ゟ被下山梅の筝
 宗長自作の筝    今川氏親柴屋宗長
           手作の庭 座敷向ニ有
 今川氏親朝臣 庭中社ニ
 宗長法師   三躰安居       右手ニ山あリ天桂(ママ「柱」)山
 宗祇法師   木橡(ママ「像」)  今川氏親手植の軒端の梅
四日晴
一今朝六半時比由井出立同駅ニ而七里之者立寄夜
 前々有様咄置夫ゟ神原【吉原(見消し)】相宿五百五十文
 藤川相済吉原相宿柏原ニ而中食うなきニ而一盃
 二百十文夫ゟ原沼津三嶋宿入口ニ而そはニ而一盃六十
 四文同所宿七半時比藤屋次右衛門二百五十文
 
8     画像

五日晴
一今朝六時過比三嶋出立才蔵方駕籠ニ而罷越候処
 跡ニ相成候付為見合山中ニ而こわめし二十文余程
 見合候ヘ共不参故又々休ミ/\見合つゝ皮田弥左衛門ヘ
 参リ候処先達而参リ候而一盃出し中食例之通壱朱
 ツヽ之処弐朱ニ而宜与申候付正河ゟ壱朱よない遣ス
 御関所相済両人方ニ分候箱根権現ヘ参詣
 相済通ニ而出會畑并湯本ニ而休ミ茶代四十文ニ求ム
 七半時比小田原ヘ着御用達中松屋仙助差支ニ而
 扇屋久兵衛ニ而宿然処人数九人取込余程廣
 き処ヘ中松屋代リ宿申付有之旁不都合故三人ゟ
 弐朱遣ス箱根御関所向ニ而大坂御城代丹州
 亀山松平豊前守殿ニ出會行列見事ニ有之候
六日晴昼後ゟ小雨
一今朝六時過比小田原出立梅沢ニ而百文梅干求む同所
 先松原ニ而肥前嶋原松平主殿頭殿出會大磯ニ而
 中食一盃百七十二文馬入川三月四日切ニ而橋取リ候間
 五日ゟ歩行渡ニ相成候付右相済三瀬有之夫ゟ両度
 休ミ平塚餅代廿四文夕八半時過比藤沢宿いセ屋
 又右衛門二百五十文
 
 
七日曇
一今朝江ノ嶋廻之処前日八時過比小雨夜中雨ニ付見合
 居候処朝五時比至リ曇なから雨止ミ候付才蔵方
 盃取荷物相頼寿輔方良之助合羽持なから藤沢
 五時比出立宿内鳥居ゟ分レ江之嶋ヘ【案内三十二文(注記)】参詣同所一盃
 支度六百五十六文二人ニ而あわひかす積(ママ「漬」)五十文ニ而求む
 夫ゟ腰越村七リケ濱つたい稲村通リ大仏ヘ参詣
 もち飴【三十二文(注記)】鎌倉権五郎社【餅代廿四文(注記)】【東(見消し)】はん東札場長谷寺ヘ
 并鎌倉八幡宮【案内弐十文茶代廿文(注記)】ヘ参詣ゑんき【四十文(注記)】御影求【八文(注記)】夫ゟ金沢
 廻リ同所ニ而支度百文同所金龍山ヘ登リ八景一見
 山代拾二文ゑんき絵図【百文(注記)】求む夫ゟ六浦ヘ【称明寺ヘ(注記)】参詣并
 能見堂参詣舞田ニ而休ミ程ケ谷ヘ夕方着高砂屋ヘ
 宿る三人ゟ弐朱茶代二百文才蔵方四時半比着之由
八日晴
一程ケ谷六半時比出立神奈川川崎品川梅【☐(見消し)】屋敷
 ニ而休ミ品川ニ而中食一盃三百八文と向屋邊迠
 力元向出し有之同人ヘ馬相頼ふら/\と八半時比床
 御長屋着然處池田小川者去ル五日以下小普請
 被仰付中之口ニ而同居同日七原町行幸次郎當番
 
9     画像

 藤蔵方圓左衛門方待受源之右衛門方三左衛門方
 風見相済例物ニ給れ圓左衛門方同居ニ而
 乾御長屋ヘ夕方参る
   若山ゟ江戸迠本馬代
   拾三貫三拾四文
    右者去十二月ゟ當五月下地五割増ヘ二割
    増之被 仰出候付
  船代
   大坂壱貫弐百文 十四人 本馬五人 壱人ニ付
                    三人前
   桑名莚壱枚半七百弐拾壱文
      本馬百八十三文
   大井川人九十文 本馬八人分五百六十文
      二人前
   安部川四十文 本馬【四(見消し)】【六(見消し)】四人分百六十四文
      【二人前(見消し)】
   新居 弐百六文
   酒匂川七十二文 本馬【四(見消し)】六人分三百文
 
 
萬延元申四月十一日
 晴曇
一今暁七時比寝覚ニ而猪之助方二肴ニ而御酒給り
 平焼物ニ而赤飯よはれ同人同道床御長屋ヘ
 才蔵方寿輔方相揃甚十郎方者同居ニ付同所ゟ
 【猪之助方(注記)】三左衛門方幸次郎方送られツヽ明方出立平御門出候而
 表御門外ニわかれ利吉計召連品川入口茶屋
 一休ミ茶代四人ゟ弐百文同所改相済利吉江祝義
 弐百文遣し候此度無恙度御徒押中村八左衛門
 橋爪三郎右衛門同道罷越候筈ニ而品川ニ而出會同道
 可罷越處同役森宗五郎問屋前ニ而馬ニかまれ
 少々なれ共同所ニ而世話致し候由ニ而跡ニ残リ候事
 品川迠本馬代弐朱ト百文品川問屋前藝州矦
 入府ニ出會同所罷出大森ニ而稲葉伊豫守殿
 同断六郷川船越候川崎神奈川手前生麦
 村ニ而休ミたんこ拾二文【昼(見消し)】同所ニ而長州矦入府出會
 昼支度神奈川入口伊豆屋何某七拾二文
 同所入口壱丁程之処ニ木戸出来仮番所扱関東
 
10     画像

 御取締与提灯認同所ゟ横濱江之大くわん出来橋掛有之
 道のり壱り余之由同所能相見候程ケ谷焼餅坂
 ニ而休ミ菓子八文戸塚江夕七時ニ而着石田屋伊兵衛
 弐百三十文同所入口ニも木戸并番所出来改厳敷
 由神奈川ニ寺三ケ所ニ異人滞留印【才(見消し)】ヲ棹入
 先附有之候八左衛門三郎右衛門宗五郎介抱いたし候夕方着
 小印程ケ谷ゟ戸塚ヘカゴ
十二日【曇天(欄外注記)】
一戸塚朝六半時比立出松原向ニ而休ミ菓子八文
 【酒(見消し)】馬入川船渡相済夫ゟ平塚入口ニ而一盃正河
 中橋四拾五人ツヽ平塚ニ而昼飯六十八文丹波屋大磯松原ニ而
 休玉子十四文又休ミ八文八時ゟ小雨ニ而八時半比本雨ニ相成梅沢
 より半里参リ合羽着酒匂川七時連臺渡し本馬六人分
 人弐人前六拾二文川無故障打渡小田原ヘ七時半比着
 中松屋専助宿料弐百五十文外ニ茶代五十文ツヽ馬入
 川打越川向ニ而餅拾弐文外ニ百文求両和尚ヘ遣ス
 藤沢遊行寺ニ而嵯峨しやか開帳か小印平塚ゟ
 小田原迠駕籠
十三日曇
一今朝六半時比小田原立出湯本ニ而休ミ菓子八文夫畑ニ而
 
 
 一盃いわしそふに百弐拾文ツヽ御関所前迠皮田弥左衛門
 より出向御関所弥左衛門届ニ而相通リ同人方ニ昼飯例之通
 二肴ニ而酒出し支度六人ゟ百疋弐百六拾八文ツヽ夫より折々
 休ミ山中ニ而草もち拾文夫ゟ三軒屋ヘ掛リ参すへり
 こけ刀之さやそんし三嶋江夕七時過着中野屋
 宿料弐百五十文すし出候付茶代五十さや袋のもめん
 弐尺弐寸求候ニ弐百三拾六文
十四日

一今朝六半時三嶋立出沼津夫ゟふし汰邊ニ而休ミ
 柏餅拾二文夫ゟ柏原ニ而昼飯うなきめし弐百八文
 酒屋夫より両度程休吉原ゟ才蔵方カコニノル
 元市場ニ而休ミ三郎右衛門与両人ニ而柏餅四十文藤川
 八半時打渡中ノ郷ニ而休菓子右両人ニ而弐拾文
 寿輔方八左衛門者都合ニ而吉原手前川合橋より
 先達而被参候処ふしみ峠ニ而出會一盃すし
 玉子三郎右衛門良之助ニ而七拾四文甚十郎方夜前
 より腹痛ニ而三嶋より藤川通しカコ才蔵方も
 吉原ゟ通しカコ右ふしみ峠ニ而四人方一盃被給居候処ヘ
 参リ跡ニ而両人右之通夫ゟ又々わかれ四人方
 
11     画像

 先達而【☐☐(見消し)】油井被参昨年の意趣も有之候付
 問屋前田中屋甚兵衛ヘ宿跡ゟ両人も七半時
 着致し一統カミ結申候宿料弐百五十文
 原宿ニ而秋月佐渡守ニ出會
十五日

一今朝六時過【原(見消し)】油井宿出立さつた峠者海邊廻リニ而同所ニ而
 休ミ菓子八文興津川水嵩ニ付川越賃拾六文遣し
 打渡リ興津松原ニ而休ミ菓子拾二文茶代八文
 興津小彦刀ニ而酢しニ而一盃昼支度正橋河
 ニ而三百四文稲葉屋江尻阿部川八半時片越
 本馬六人人弐人分正河四百五十三文同所手前より
 小雨ニ相成休ミ/\岡部ヘ七半時比着雨もあかる
 【府中改相済夫ゟ(欄外注記)】寿輔方先達而被参御用宿申付柴田屋
 弐百五十文五十文茶代一盃出し輪違や三郎兵衛
 ニ付四百四十文世話代百文弐朱両かへ八百八文
十六日晴
一今朝六半時比岡部出立藤枝瀬戸川水嵩ニ而片
 渡ニ相成有之八文ニ而渡る水上ニ而休ミ菓子四文八左衛門
 
 
 藤枝迠カコ嶋田ニ而昼食百二文橘屋大井川無
 故障打越余程水勢強九十四文ニ而人三人前
 本馬六人前金谷ゟ甚十郎方八左衛門カコ日坂兼川
 ニ而あめ十二文休ミ夜なき石手前ニ而休ミあめの餅
 拾文二夕夫ゟ日坂山はなニ而休ミ麦はん三つニ而一寸給
 二十八文菓子十二文其外山蔭抔ニ而休ミ有之七時比掛川ヘ
 着ふし屋文蔵右両人掛川迠通しカコ才蔵方日坂ゟカコ
 【両人(見消し)】右三人先達而参る弐朱両かへ八百拾二文
 弐百五十文ニ五十文ツヽ茶代
十七日晴
一今朝六半時掛川出立袋井同所入口ニ而村上與兵衛殿
 通行被致候村暫時寺ニ而見合又同所棒先ニ而休もち弐拾文
 見附入口ニ而昼飯五拾四文松田屋夫ゟ同所町中ゟ近道ニ廻リ
 盛岡ニ而休ミ八文菓子天龍川舟渡三瀬ニ相成夫ゟあん
 まニ而休もちまんちう菓子三十二文夫ゟ濱松ヘ七時過着
 小嶋屋源八泊リ濱松入口ゟ小雨着後大雨ニ相成甚十郎
 掛川ゟ袋井迠カコ見附ゟ先達而泊リ参る掛川弐朱
 両かへ八百廿四文宿料弐百五十文茶代三十二文
 天下祭之村一盃正河中橋申合百五十文ツヽ
 酢肴煮肴あヘ酒五合
 
12     画像

十八日雨
一今朝六半時過濱松出立まい坂入口うなき拾六文
 荒井渡船壱艘借切四百拾七文百文祝儀三十二文
 船屋無故障御関所相済疋田孫左衛門一盃二肴
 いなき蛤汁ニ而昼飯壱朱も外ニ正河ニ而壱朱
 よない夫ゟ白須賀ニタ川吉田出口餅十八文
 夫ゟ御油江六時比着津嶋屋豊吉同所
 入口ニ而酢しニ而一盃百六十四文正河橋吉田
 棒先二條御番松平伊豫守殿出会申候
 吉田ニ而壱歩両かヘ壱貫六百四拾文半紙二十四文
十九日晴曇
一今朝六時過御油出立赤坂舞木休ミもち拾文
 藤川大沼休ミ菓子十八文矢捌(ママ「矧」)ニ而昼支百九文
 笹屋岡崎迄之内あのふ休ミ菓子十八文【沼津(見消し)】なるミ
 迠之内有待ニ而一盃拾六文もち拾四文【☐☐(見消し)】
 鳴海七半時過着【☐(見消し)】升屋惣四郎弐百五十文三十二文茶代
 岡崎ニ而弐歩両かヘ三貫三百文
 
 
廿日

一今朝六時過鳴海出立宮渡海可致筈之処波風強其上
 雨繁キゆへ見合候處九時比一旦風静候ヘ共海中おほつかなき
 由然処又々風雨相成候付佐屋廻りも無心元故宮伊勢屋傳八
 ニ而一宿致候事まこヘ百文持込遣ス六右衛門才蔵方昨夜より
 少々風氣ニ而終日伏居申候併當分之事伊勢屋傳【八(見消し)】左衛門ニ而
 帯三条襟二筋三百文弁当百文☐☐ニ而廿四文あり
 寿輔方ゟ一盃酢肴二鉢すし魚屋ヘ廿日昼支度
 宿料茶代弐朱共五百三拾壱文ツヽ 右処せんべ一ト盆
                 伊勢傳八前下ル
廿一日曇
一今朝六半時過宮渡海船乗組八時過桑名ヘ着
 夫ゟ冨田ニ而蛤ニ而一盃六拾五文四日市へ七半時過
 着いらきや善八弐百五十文外代百六十四文本馬
 人弐百拾二文すいけ生ニ付菓子百文求舟ニ而給る
 外ニ五十文ツヽ増賃遣ス
廿二日晴曇
一今朝六時過四日市出立杖つき坂ニ而男十九文
 石薬師ニ而もち拾五文庄野松平ニ而姫路酒井
 雅楽頭殿参府出會腰【☐(見消し)】くゝり惣網代塗棒カコ
 
13     画像

 持鑓架柄小鑓三本見越二本亀山支度[八/七十]
 八文松屋筆捨山ニ而下酢ヘ拾六文関猪の魚
 ニ而一盃百七十文中河夫ゟ土山泊リ七半時比平野や
 藤八亀山関別印カコ庄野亀山坂の下小印
 カコ蟹坂ニ而あめ拾文関ニ而盃百六十八文
 チリ紙拾八文
廿三日雨
一今朝六半時比土山出立水口出口ニ而もち五文一盃
 八十四文石部昼支度六十九文塩屋原澤うはかもち
 五十文廿文鋪本主のかたりちん夫ゟ姥ケもち横
 ゟ矢走舟八十五文増十五文舟上リゟ大津泊もの成
 藤八宿料六人ゟ百疋河中橋ゟ三人方ヘ
 一盃

一今朝六時過大津出立伏見街道ニ而両度休ミ菓子八文揚☐干
 拾二文藤森ヘ参詣茶代四半時伏見へ着水六ニ而昼支度
 百【弐十四文(見消し)】三十二文茶代五十文ツヽ舩代六匁六分壱艘借切ふしの数
 
 
 弐百文もち万十弐百文正河中橋ニ而求合羽五十六文正河
 四半時比ゟ乗船ニ而七半時過大坂へ着播権江泊リ宿料弐百
 六十八文ツヽ
廿五日雨
一今朝六半時大坂出立天神橋打渡天神宮ヘ参詣引
 返し松屋橋ゟとうとん堀心斎橋筋恵美須堂参詣夫ゟ
 天下茶屋堺両三度休もち二拾文石津前松原ニ而昼
 支度八十八文ツヽ一盃代共岸和田貝塚入口一盃六十八文
 正河七半時比貝塚ヘ着紀の国屋☐元泊リ二百五十文
 堺ニ而包丁出刃八百七十四文大坂ニ而弐百八文万十
廿六日
一今朝六半時貝塚出立候処昨夕ゟ降雨ニ而樫の川
 馬越難相成所の者ニ駄荷共為渡候付而者本馬壱疋
 人壱人与の割(わり)五十一文山中ニ而昼飯五十一文一盃
 割七拾四文支度代山口ヘ罷越候処太井ノ瀬水
 増ニ付馬越止リ候由ニ而駄荷人足ニ為持候付四人
 前ツヽ出し申候尤平日ならは馬の暫人出候而も
 此方ニかまゐ無之候ヘ共村法通故右之通賃銭
 遣ス余程水瀬早く乗合船者三四丁も流申候
 
14     画像

 此方乗候節荷物多故二丁程流なから岸ヘ
 着八軒屋ニ而小子ゟ一盃はつミ七匁入用
 相済可児正木橋爪者太田街道ヘ参リ候故小子ハ
 松原通リ罷越申候尤夕方中嶋氏長屋ヘ着親類
 四五人参呉有之鳥渡一寸ニ而無事歓夫々被帰申候
 御徒押中村者都合少々先ヘ帰る
 
18     画像

本馬江戸附出候 弐朱与河出
        百文正出
 拾二文本馬礼代
早川ニ而利吉ヘ祝儀弐百文正出
同所入口休茶代弐百文同出
同所ニ而【長(見消し)】藝州入府大森ニ而
稲葉伊豫守生麦ニ而長州
【馬入(見消し)】酒匂川壱人前六拾二人ニ而弐人分
本馬【四(見消し)】六人分三百八拾四文
阿部川五十五文 本馬六人分
        人 壱人分
大井川本馬九文 人三人分
 九十四文 壱貫三百六十八文
荒井船賃四百拾七文
    百文祝義
    三十二文船ちん
【桑名本馬百六十二文
人弐百拾二文(欄外注記)】
 
 
わらし廿文大坂
わらし水口石部わらし大津
戸塚ニ而わらし二十八文わらし三拾六文塩見
山中ニ而同弐拾四文蒲原ニ而わらし二十八文
わらし水上十六文濱松ゟ御油迠四拾八文ニ而足
わらし拾六文岡崎石薬師わらし拾三文