和歌山大学図書館 地域史料デジタルアーカイブ

紀州藩文庫より郷土誌料

郷土誌料 

      〔祕鑑〕 〔祕鑑〕[目録]


翻刻 (画像番号)
  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | 10  | 11  | 12  | 13  | 14  | 15   
  16  | 17  | 18  | 19  | 20  | 21  | 22  | 23  | 24  | 25  | 26  | 27  | 28  | 29  | 30   
  31  | 32  | 33  | 34  | 35  | 36  | 37  | 38  | 39  | 40  | 41  | 42  | 43  | 44  | 45   
  46  | 47  | 48  | 49  | 50  | 51  | 52  | 53  | 54  | 55  | 56  | 57  | 58  | 59  | 60   
  61  | 62  | 63  | 64  | 65  | 66  | 67  | 68  | 69  | 70  | 71  


<翻 刻>
 
1     画像

秘鑑
 
2     画像

三家之義者國初ゟ追々區々ニ相
成別而正德之頃者尚更相互ニ何事も
競合候様之風儀ニ相成就而者
公邉ゟも自然御疎遠ニ相成且ハ三家
出會も年頭参暇等ニ而も書院向
 
3     画像

ニ而之出會而已ニ而先多分ハ玄関白洲ニ而
申置候方多邂逅通リ候處前段之通
書院迠と申様ナル義ニ而其上三人共寄合
候義者先致遠慮候と申位之義ニ候稀ニハ庭
等之約束ニ而出會候節ハ居間迠も通候へ共
 
 
右躰之節ハ全饗應と申振リニ而格別
親ミハ無之是も兎角馳走振リヲ競合
候と申様ナル事ニ候右之風儀故政事向者
尚更之義ニ候然處天明之度被 仰出
之義有之段々厚御趣意も被 仰出以
 
4     画像

来三家用談初リ猶又三家一同ニ及
参會義も右之頃ゟ相初リ至于今月ニ
一両度之用談有之事ニ候右用談と申も
初ハ重キ被 仰出も有之一旦ハ御用談も
有之タル義ニ付右之續ゟ自然一同之
 
 
参會も毎度ニ及ひ就而ハ年来之
仕来リハ 御趣意ニ甚致齟齬事
故以来ハ三家申合是迠之如相互ニ
競合外様國主抔之風儀ニ似寄候
義無之只 天下之御定法ニ不振
 
5     画像

様厚申合都而 御趣意之厚義ヲ各
領国江押移シ 天下之御連枝タル
義ヲ外様ゟも能相心得聊も国
持大名之如家風異躰之義無之様
との義ヲ精々申合老中向江も其段
 
 
一統ニ相達以来追々及改革義
毎々有之タル事ニ候然ニ當藩ハ尾
水両藩ゟも事替候義多奉對
天下当時之申合ニ而ハ遠慮可有之義ニ
藩中ニ而ハ不心附哉ニ而大ニ 御趣意ニ振
 
6     画像

れ候義多又前々ゟ被對 公邊江格
段 御遠慮之厚義も當時ニ而ハ却而不
都合ニ相聞候義も有之萬端此類多
追々右之筋改メ候処藩中ニ而ハ右等之訳
合委敷ハ不存事故何とか不穏様ニも相
 
 
聞甚心痛いたし候処近頃ハ先穏ニ
相聞聊安心之事ニ候扨前段不穏
義も 公邊向之義何ニ不寄不案内ゟ
種々之存念出是も輕キ身分之者ハ
其筈之義ニ而無構義ニ候得共中分ゟ以
 
7     画像

上ニ良もスレハ甚拙キ論も相聞何とか
不穏別而ハ當時厚 御趣意ニ而
天明以来相改リ其以来ハ毎々
上ゟも御親敷被成下候義も被為在
吹上御庭抔江被為 召候義ハ国初ゟも
 
 
無之と申程之義ニ候是等ハ全天明并
寛政之度ゟ 御趣意被為 在候事
ニ而容易ニ御庭拝見と申計之義ニハ
無之候右之通之厚 御趣意も有之
三家申合之箇條も有之候得共
 
8     画像

秘密之義も有之一々ハ難申聞只々
三家と申候而も中度ハ少々御大法ニハ
相違之義も自然有之兎角當時
ニ而ハ天明以来之 御趣意と國初
代官町屋敷之頃と大躰参會
 
 
抔も同様ニ相成全 天下之御連枝
と申処ヲ厚心掛ケ政事向異躰ニ
無之様申合事ニ候得者藩中都而
此意ヲ相含異論無之様ニ致度
事ニ候就而者誰も存タル義ニハ可有之
 
9     画像

候得共 公邊ニ而三家ヲ初国持并
御譜代席等之御取扱前段之
一助ニも可相成哉ニ付覚振リヲ以
大略ヲ左ニ記候事
  當藩中ニ而ハ兎角奥役ト申ヲ
 
 
  取扱之重様ニ心得候哉ニ相見へ候
  得共則如此義聊異論ニ候両家【安藤水野(注記)】ヲ
  初家柄之向抔ハ如何ニも重々敷諸
  向見込も尤ニ見ヱ上ゟ之取扱も
  格段と申所ニ至リ度事ニ候何とか
 
10     画像

  折ニハ輕々敷義有之様ニ存事ニ候
  奥役表役抔之論ハ従来者
  頭役位ニ而も不都合ニ候 公邊抔
  ニ而ハ頭役【是ハ引當ニ認候事ニ而 公邊ニ而ハ頭役ト申唱先ハ無之(注記)】と申ハ悉表役ニ而是等之
  論ハ一向ニ無之事ニ候
 
 
  三家ノ部
一登 城ノ節御玄関ゟ表坊主ノ内部屋附之者
 一人先立西丸ニ而ハ御目付方坊主先立
    直垂長袴共括リハ御玄関上ノ板敷ニ而
    下シ候事
    刀ハ大廣間溜リニ供ノ者持居候事
一御禮以前席ハ大廊下休息所
 
11     画像

   右ハ三家ノ部屋と唱候得共元ハ大廊下
   休息所と唱候事ニ而夫故勅使并
   日光御門跡増上寺方丈も休息ニ相
   成候正月六日抔ニハ御内禮ノ出家も
   右同様也
  一右休息所迠ハ先立ノ外坊主二三人御
   城附も供致候勿論供ノ家老も同様ニ而
   休息所外ニ始終居候事
   右休息所ゟハ御禮席ニ依リ差別有
   之事ニ而先ハ坊主等も附不参候事
一御禮席  三家出禮之節ハ御褥御刀掛共無之御揚畳も
      無之御謡初ノ節ニ限リ御褥御刀掛御揚畳
      とも有之候事
   年頭 上巳 端午 七夕
   八朔 重陽
 
12     画像

   右御白書院
   若菜 月並 家督御禮
   公儀ゟ御入輿有之候得ハ
   結納御式 御入輿ノ式
    右二ケ條ハ自分御禮事而已ニ無之
 
 
   右御黒書院
  一右ノ外御大禮 束帯ノ節ハ悉
   御白書院出禮ニ而大廣間御
   中段西ノ椽側江御儀式中着坐
   東上南面也 御中段着坐北上東面ノ義も
         有之
 
13     画像

一右ノ節ニ直ニ御請と申義ハ無之悉老中
 御取合ニ候事 【(朱書)「御直御請と申ハ前々ハ有之候へ共享保
        之頃ゟ相止悉老中御取合ニ候
        事」】
一御取合ハ當日御祝儀目出度被存との
 老中御取合也
一上意ハ目出度ト計 年頭ニ而も
 同様 【(朱書)「無事ニ超歳してとの 上意ハ三家ニ而も
    不被為 在目出度ト計ノ 上意ニ候事」】
  一暑中寒中一度御懇之
   上意被為 在尤暑寒共御禮日右
   之内ニ無之節ハ御流ニ相成候事
  一右之義ニ付文化六己巳七月尚又残暑
 
14     画像

   餘寒ニ付而ハ 上意不被為 在
   御定ニ相成候旨水府ゟ申来別帋
   之通留アリ
  一右 上意被為 在候節ハ別段
   老中 御取合有之事
 
 
  一上意ハ[暑/寒]中無事ニ被 在而との
   上意ニ候事
    【(朱筆)「當藩中ニ而重役共被申聞候振リ
    公儀ニ而ハ三家計ニ而御譜代席ニも無之」】
一太刀目録披露者老中其外月並
 御禮等ノ節ハ官名計老中居成ニ
 
15     画像

 披露 但官名殿付ナリ
一太刀目録疂目ハ大中納言参議三位
 以上以下ノ差別有之候得共平伏
 いたし候疂目ハ御下段ト御椽側境之
 御敷居際一疂目ニ而平伏
 
 
   【(朱筆)「當藩ニ而年寄共初大奇(ママ)合等大刀ノ
   疂目ニ無構敷居際ニ而平伏ノ通リニ候事
  一節句ニ椽側詰年寄共一人ツヽ右之
   疂目ニ而平伏其節年寄共居成
   名計披露ノ義ハ三家ノ節句月並御
   禮ノ節ノ振リ合也
   公邊ニ而ハ溜リ詰ニ而も御椽側ニ而平伏ナリ」】
一御盃ノ義ハ三位以上返盃水府ニ而
 
16     画像

 四位少将之内ハ返盃無之御流也
  一御謡初ノ節献数ニ依リ返盃無之義と
   元服之節ノ返盃ハ別段ノ義ニ候事
一謁之義ハ老中之節ハ御白書院西
 椽側老中御用有之出席無之節ハ
 奏者番ニ而右ノ節ハ同所南椽側
 
 
 ニ候事
  一御禮日居残御禮ノ節ハ多分
   老中謁夕 上使御禮登 城之
   節ハ奏者番ニ而候
  一惣出仕ノ節[是ハ御慶事等ニ而一同謁/御目見等無之節ノ事也]
   謁ハ 出御無之日ニ候へ共 出御ノ節
   同様加州初国持且御譜代席迠
 
17     画像

   一同寄セ其上ニ而老中出席先
   御黒書院ニ而溜詰ノ面々謁相済
   自夫御白書院出席故三家ノ謁ハ
   溜詰ゟ後ニ相成自夫追々席々江
   出席有之候事
  一老中表江出席ノ節ハ謁ニ不限
   何ツニ而も御目付先立大目付隨
   従御同朋頭も先進ニ候事
 
 
    【(朱筆)「右謁ハ當藩ニ而惣謁与申振リニ而
    三家ニ而も謁而已ニ而 御目見ハ無之事」】
一退散之節ハ御閒ニ依リ場所ハ違ひ
 候得共大躰御白書院後ノ邉ゟ御城
 附先江立其次江御目付先立致シ
 御玄関縁リ取迠先立いたし候[是ヲ御目附方/ニ而御家門送リト云]
 
18     画像

一下乗橋内外百人組御番所 ヲ
 百人番所と云右ノ邉ゟ百人與力同心江ハ
 手ヲ出シ及會釈ニ候老中若年寄
 右與力同心居候方ヲ見候而通リ候由
一此邉ゟ御本丸迄御番人制シ振リハ
 
 
 三家両卿方【是ハ平川御門ゟ登城ニ候故通行先ハ無之甚稀ニ通行有之事(注記)】老中若年寄
 日光御門跡 勅使ハ同様ニ候右之
 外ハ堂上大中納言ニ而も其外
 加州初御譜代ノ面々ニ而も御番人
 其儘居成ニ而時宜無之候事
 
19     画像

一登 城ノ節ニ而も退散ノ節ニ而も右
 百人番所ニ百人組ノ頭出居候此節ハ
 致會釈候 老中若年寄も同様ニ候得共
      老中揃ニ候と三家ノ登城ニ不
      構御本丸江上リ候故時ニ依リ
      三家登 城ノ節ハ不居義有之
      候事
 
 
一同断ノ節中ノ御門御玄関前御門
 等ニ而老中若年寄通行候
 節ハ御番所/\ニ頭出居候[是ハ御/先手ナリ]
 御玄関前ニも出居其所々ニ而致
 時宜候得共三家登 城ノ節ハ出
 
20     画像

 不申幕ノ内ニ入リ時宜ハ不致候事
一右御門々頭并両山御参詣之節
 所々ノ固メ御跡固メとも振合同
 様ニ候事
    右ノ外御謡初其外夜ニ入諸大名
    一統退散ノ節ノ燎等も悉老中
 
 
    目當ニ而老中退散ニ候得ハ燎等も
    一時ニ消候事
一右之外ハ加州初并御譜代井伊家
 初差別無之事
一紅葉山両山共豫参之義大躰
 
21     画像

 左之通 百回御忌ゟ一統束帯右ノ外御法
     會衣冠年頭ハ直垂狩衣大紋等也
一紅葉山ニ而ハ装束所両山ニ而ハ宿坊ニ
 扣居両山ニ而ハ御道具廻リ御左右ニ而
 御霊屋御供所江相詰ル
   右ハ御供所ニ坐敷有之御證忌日ニハ右
   之場所ニ扣候へ共御法會ノ節右ノ所
 
 
   上之御手當ニ而御供所大半奥〆リニ
   相成候故 御霊屋御別當ノ部屋江相詰
   候御門主ニも右之所ニ御扣ニ付部屋一
   ケ所計有之 御供所ニ而ハ右ノ所も
   差支候故三畳敷ノ物置有之右之内
   江此方共相詰候何れも束帯或ハ衣冠
   ノ事故太刀抔所々江當リ夏分抔ハ甚
   難儀いたし候事ニ候右ノ外ニ御法會ノ節ハ
   大豫参ノ国持大名并表向四品以上其
 
22     画像

   外 御手自ラ御備ノ御菓子等御手長ノ役
   髙家 御門主且増上寺ニ而ハ方丈ノ花籠
   并被物ノ役髙家都合十二三人程并御簾
   ノ役中奥御小姓且大衆僧正以上紫衣
   以上ノ花籠被物ノ役中奥御小姓都合二
   拾人程右何れも束帯或衣冠ニ而右
   御供所ノ御臺所江夫々屏風仕切等ニ而相
   詰甚混雜ノ義ニ候事
一御手水廻ニ而[紅葉山ニ而ハ御手水廻ノ後御道/具廻リ有之故御道具廻リニ而]
 
 
 三家一統御拝殿端疂江夫々着坐
   前段御手水廻リと申ハ御装束所ゟ御手
   水ノ具坊主持之御小姓附添相廻リ
   候節ノ義ヲ云此前後ニ老中若年寄
   御先立ノ溜詰一統御霊屋江相詰ル
   老中ハ勅額御門内溜詰ハ右御門ノ内
   御柱際江着坐若年寄ハ御内陳(ママ「陣」)詰
   ニ出候事故御唐門内左右ニ分テ着座
一老中一統 勅額御門外江出溜詰
 
23     画像

 御正面江出候頃三家ハ一統御唐門
 内江出ル[右老中勅額御門ヲ出候ハ仁天御門江/御先被為 見候御左右ニ而出候事]
一勅額御門外江御譜代四品以上豫
 参大豫参ノ面々も 勅額御門と御唐
 門之間敷石ノ外鐘楼ノ方江列座[白洲/ノ上也]
 
 
 御水屋ノ方江御法事掛御勘定奉行等
 列座[白洲/ノ上也]各束帯或衣冠[尤惣奉行ハ老/中一統ノ内江籠ル]
一御使番隨身六人[何れも細纓追掛弓箭ヲ/帯赤地金紋ノ袍]
 右追々勅額御門外江列立次ニ諸大夫
 二行[是ヲ大行/列ト云]六拾人程[是ハ表向中大名/且御譜代大名并
 
24     画像

 諸大夫御/役人等也]何れも束帯或衣冠勅額
 御門外列立次テ髙家両人庭上
 御裾ノ役若年寄隨身[卷纓追掛/弓箭ヲ帯/紺地金紋ノ袍]
 次ニ御轅被為 見此節一統白洲
 ニ拝伏于時三家も一統白洲江
 
 
 出ル[御法會ノ節御唐門内/平常ハ御唐門外也]
   【(朱筆)「右ノ場所ハ御手水廻リ有之向ニ而當地ニ而
   和合院御唐門外ニ手水廻リ有之と似
   寄候所ニ而右ノ所ハ御白洲ノ上ニ而雨天ニ相成
   候と大ニ湿れ御拝殿江上リ候節抔甚恐入
   事ニ候去々庚午ノ年春ハ餘程ノ雪ニ而御白洲
   一面ニ雪ト石ト打交リ凍候上ノ事故坐シ居
   候内自然雪融直垂ノ裾大ニ湿れ候而
   御拝殿江上リ候節別而恐入タル事ニ候」】
 
25     画像

  【(朱筆)「一當地ニ而重役共豫参ハ平常 出□(虫損)
   振リハ御譜代雁ノ間席抔ノ趣ニ而出居
   候場所ハ国持大名等ノ大豫参ノ振リ也」】
一通御之後御跡ゟ御拝殿階下ニ
 扣御拝殿御椽側ゟ老中會釈ノ上
 裾ヲ下シ一人宛御拝殿端畳江着
 
 
 陳(ママ「陣」)[御證忌日御参詣ノ節ハ長袴ノ事故作法無之候ニ付/直ニ拝禮相済候事]
一被物阜而皆下江一統退去
  一着坐ノ次第ハ御聴聞所御拝殿ノ御左ニ而三家ハ
   御内陳(ママ「陣」)ニ向端畳ニ着陳(ママ「陣」)御門主三家ト向ひ端畳
   ニ御着坐増上寺ニ而ハ方丈御聴聞所江向ひ端畳
   ニ着坐僧正以上ノ出家三家と並端畳ニ着坐
   増上寺ニ而ハ紫衣ノ僧同断
    右三位以上且僧正并紫衣ノ席也
 
26     画像

   椽座溜リ詰[加州出席ノ節ハ/右ノ上坐ニ着座]老中惣
   奉行ノ老中共且又両山共大衆十二人
    右殿上人且右ニ順ル僧ノ席也
   外座是ハ出家計也
  一右ノ外四品并諸大夫者何れも夫々ノ御役
   ニ依リ外坐ノ僧ノ後坐ニも又廻廊ニも着座也
  一右ノ外越州初大豫参ノ諸大名且御譜代之
   四品以上御唐門ノ外ニ 還御迠扣
 
 
   居候事
  一中大名并御譜代ノ諸大夫且諸大夫御役人
   供奉行列ノ向其外隨身等ハ勅額御門
   外ニ還御迠扣居 還御之節行列也
一御内陳(ママ「陣」)ニ而焼香拝禮相済御拝
 殿階下白洲ニ着座此節裾ヲ取
 
27     画像

 候事
一還御之節無滞参詣も済而との
 上意通御掛ケ被為 在候事
  一右之節 上ニハ御膝ノ邉迠御手ヲ被為下
   上意被為 在候
  一日光御門主ニハ御拝殿階下破魔床
   迠御送として御出 通御ノ節御平伏此節
   上意無滞参詣も済而との 上意ニ而右
   之節ノ御様子三家江 上意ノ節と御同様
  一増上寺ニ而方丈御送も御門主同様ニ而
 
 
   上意其外御門主ト同様ノ御様子
   ニ被為 在候事
    【(朱筆)「此義ニ而増上寺ノ重義能相分候御
    送ノ場所御門主ハ三家ゟ勿論重事
 
28     画像

    故ノ義ニ而破魔床江御出ニ而白洲江者
    御下リ無之義と存候ニ増上寺ニ而も
    方丈矢張破魔床江出白洲江ハ不
    下申ハ三家ゟ餘程上ニ而御送ノ事ニ候
    其外 上ノ御坐ノ前ヲ御門主御通リ
    之節 上ノ御目通ニ而御門主御中坐御
    平伏有之候へ共 上ニハ其御儘ニ而御手も
    不被為 突候一品親王ニ而も右ノ御扱
    誠 天下ノ御威光格段ノ事ニ候此儀
    抔ハ人々能々奉畏様ニいたし度事ニ候」】
 
 
   【(朱筆)「一右ノ通一品親王ニ而も御尊敬被為
    在候義ヲ奉畏候而ハ増上寺方丈ノ
    前段ニ申通リ御門主ト御送ノ場所も
    同様 上意ノ御振リも御同様と申者
    格別重御取扱ニ候事」】
   【(朱筆)「一大躰申ハ御門主三家方丈ト申様
    ナル順ノ御取扱ニ而方丈ハ御霊屋ニ而ハ
    御取扱三家ゟ重様ニ而 上意ノ節
    御手ヲ被為 下ケ候義も同様ニ候乍去於
 
29     画像

    御城ハ三家ゟ少々輕御取扱も有之候
    御門主ハ於御霊屋ハ三家と格別
    相違も無之様ニ候へ共 御城ニ而ハ三家ゟ
    勿論餘程重御取扱ニ候事」】
一通御之御跡ゟ為御送御唐門内迠
 三家一統罷出御轅被為 召候迄右之
 所ニ扣居御轅御簾垂候頃ゟ平伏
 
 
 御跡行列不残通リ候頃一統御供
 所初之席江退去
   一右 還御ノ節通御掛ケ大豫参之面々江
    上意無滞参詣も済而との 上意被為
    在勅額御門内ニ而御先立溜リ詰
    御右ノ方江披キ御跡ゟ参リ候老中并
    御内陳(ママ「陣」)詰ノ若年寄等江御後江被為
    向溜詰初一統江 上意前段御同
 
30     画像

   様[但堂上御裾ノ役老中/惣奉行とも此内江籠ル]
一還御後一統拝禮有之候三家ハ
 拝禮相済候事故直ニ 御廟江拝ニ
 罷出相済退散之事
   但豫参之向ハ一統拝礼行列
   之向ハ 還御後立帰リ拝礼ニ候事
 
 
一年頭并御證忌日豫参ハ御参
 詣計之事故着坐無之御迎御送
 同様ニ候事
  一豫参ノ義三家ハ御参詣ノ度毎ニ出
   ル
    但七月十四日ハ不出
 
31     画像

   右之外国持并表四品以上以下共
   御法會之節計出候事
  一加州越州御譜代御家門ノ向者
   四月十七日豫参有之候事
  一雁之間菊ノ間【是ハ少々不分明ニ候事(注記)】ノ向ハ御参詣毎々
   出候事
 
 
    加州越州ノ部
一登 城之節御玄関ゟ表坊主拾人或
 拾四五人程も附添候得共先立ハ無之候事
   直垂長袴ノ括下シ候儀等ハ三家之外者
   都而極リも無之候得共多分上之板敷之辺ニ而
   下シ候事 但溜詰ハ相違其部ニ記
   刀ハ御玄関御敷臺ニ供之者持居候事
 
32     画像

一御禮以前席ハ大廊下下ノ休息所
   右休息所迄之儀者西丸とも相替儀無之
   三家ノ外ハ極リも先ハ無之坊主ハ三家ゟ
   人数多附添候事
一御禮席御大禮之節着座共多分
 三家同様也
 
 
一直御請之儀も三家同様相替儀無之
一上意も同断
  一暑寒ニ付而者分而 上意無之
一太刀目録披露加州宰相任官後者
 老中其外ハ悉持参御禮月並
 
33     画像

 御禮等ノ節ハ老中居成ニ披
 露[松平加賀/松平越前]と計之披露也
一太刀目録ハ持参故夫々官位ノ畳
 目江出直ニ平伏故三家ノ平伏ノ所ゟ
 上ニ候加州ニ而宰相任官後ハ太刀
 
 
 目録持参ニ無之老中披露ニ付
 平伏いたし候畳目ハ都而下リ三家と
 同様御敷居際一畳目ニ候事
一御盃ハ加州宰相任官ニ而も四位
 之事故返盃者無之[加州ニ而従三位昇進之上者/御差別も可有之歟此段者/覺語不致事]
 
34     画像

一返盃ハ無之候得共委敷申時ハ左之通
一三家三位以上ハ御盃三方ニ而下リ返盃
 呉服臺も南北江竪ニ出ル
一水府四位少将ト加州四位宰相ハ
 御盃三方ニ而下リ返盃無之呉服臺ハ南北江
 竪ニ出ル
    右以上白綾時服
 
 
一加州四位中将以下并少将以上ハ右两家
 之外とても御盃鈍子ノ口江載を下リ此以下ハ
 御加等も無之一献ニ而御流呉服臺も東西江
 竪ニ出ル
一侍従ハ右之通ニ而呉服臺敷居ノ際江出候故
 御椽側ゟ敷居ヲ隔テ頂戴
一加州越州因州ハ御白書院着坐
 
35     画像

 ニ而三家と同席其外ハ着坐無之
 壱人宛出席
    【(朱筆)「當藩ニ而大寄合以上ノ者振合也」】
一国持大名ハ二日御禮ニ而是ハ大廣間ニ而之
 着坐也
一諸大夫以上ハ三人宛出席
    【(朱筆)「當藩書院番以上抔之振ニ而當地
    元日禮ノ振合也」】
 
 
一布衣之面々ハ新御番頭小普請支配
 等ヲ初都而
 入御後ノ御流頂戴ニ而引續御番衆も
 同様観世大夫迄頂戴
    【(朱筆)「新御番頭等ヲ初都而布衣之御役ゟ
    以下ハ當藩之城代支配小普請以下ト
    同様也」】
一謁之儀大躰三家同様ニ而少々席
 
36     画像

 之差別有之事
一退散ノ節登城之節同様ニ而坊主
 等多附添候迠ニ而相替儀無之先立等者
 加州初御譜代ノ向ニ而も一切無之
   但先立之儀者 殿中ニ而ハ三家之外ハ
   老中若年寄計ニ而右之外ハ決而無之
 
 
   其内老中若年寄者御役ニ付候事故
   御同朋頭先立も有之御座敷向江出席
   之節者三家ゟ格段威光有之候事
一豫參之儀者加州ニ而者御法會之節
 御拝殿之椽座ニ候へ共越州者大
 豫參之向と同様御唐門外ニ
 
37     画像

 始終相詰 通御之節平伏ノ事
   但 拝禮ハ還御後ニ候事
  一豫参之儀ハ 御法會ノ節と
   毎年四月十七日計ニ候事
 
 
   溜詰ノ部
一溜詰ノ義ハ御譜代家之内格別之
 席柄ニ而家筋と申ハ井伊掃部頭
 松平肥後守[會津]松平讃岐守三人而已
 ニ而右之外ハ帝鑑ノ間席御譜代家之
 
38     画像

 内ゟ二三人蒙 仰候義も有之先者
 酒井雅楽頭松平下總守松平隠岐守
 抔ニ而當時ニ而ハ松平越中守格段ニ被
 仰付候得共右家ニ而ハ珍敷事と存候
 勿論當時ハ掃部頭讃岐守越中守と【近頃退隠いたし候當主ハ/帝鑑ノ間席也(注記)】
 
 
 三人而已ニ候尤御役人と申ニハ無之候
 得共外様と之差別有之事ニ候
  一外様と差別左之通之ケ條ニ候右ノ
   外ハ本文ニ而可知事
  一都而御慶事ノ節三家溜詰御譜
   代雁ノ間菊ノ間ト申振リ有之
   又三家溜詰雁ノ間菊ノ間と申義も
 
39     画像

   有之
   又溜詰雁ノ間菊ノ間と申義も
   有之
   右之如登 城之義表向出仕無之節
   ニ而も極リ有之尚又三家登 城無之
   溜詰御譜代雁ノ間菊ノ間と申義も
   有之出仕無之式日ニも溜詰雁
   之間菊ノ間ハ是非登 城有之平
   日ハ五日ニ一度登 城尤老中江
 
 
   謁ニ而 御目見ハ無之候右ニ次而雁ノ間
   も二人宛代ル/\日々登 城尤謁ナリ
  一朔望ノ外 御目見ト申ハ三家ハ勿論
   溜詰ニ而も無之右ノ外ハ勿論ニ候事
    【(朱筆)「當藩ニ而椽側詰年寄共大躰
    溜リ詰ニ引當候事ニ而右ノ内ニ前
    條所々ニ申如三家ノ取扱ヲ交へ
    候様ナル物ニ候事」】
 
40     画像

    【(朱筆)「一雁ノ間菊ノ間大様當藩中ニ而
    大番頭以下重役共之振リ合ニ
    似寄リ候尚其部ニ而可見合」】
一登 城之節御玄関ゟ坊主附添之義等
 加州越州抔と同様尤先立ハ無之事
一席柄ニ而直垂長袴とも括下シ不申
 
 
 尤御玄関ゟ蘓〓ノ間通檜ノ間ヲ
 通御白書院後通波ノ間ゟ御数寄
 屋役所之内ニ扣居
   右扣所ニ候得共席ハ御黒書院松
   之溜リと申所也
  一右御場所ハ月並御礼ノ節御錠口
   ニ而三家一統寄リ候席も同所ニ
 
41     画像

   候事
 右扣所ノ邊ハ勿論其外御座敷向
 何れ江参候ニも括ノ儘ニ而御錠口御左右之上
 括ヲ下シ御禮席江寄リ候事
   刀ハ御玄関ニ供之者持居候事
 
 
一席柄ニ而挟箱片シハ中ノ御門江残シ
 片シハ御玄関前腰掛迠時ニ依リ
 入候事
   挟箱之儀加州初諸向一統片シハ
   下乗所[則下乗橋/ニ而候事]片シハ中ノ御門
  一長柄傘簔箱等ハ三家ノ外者
   加州初溜リ詰ニ而も悉道具率
 
42     画像

   馬与同様大手内櫻田両御門江
   残リ候事 但雨天之節ハ何レニ而も御玄関
        前迠長柄傘或ハ位傘も為
        持候事
   【(朱書)「當藩ニ而椽側詰年寄共大躰右
   之振リ歟」】
  一挟箱其外道具率馬とも加州初
   溜詰御譜代等何れも前段之趣ニ候
   三家ハ[大手/内桜田]両御門ノ外ニ道具率馬
   残シ先對箱中ノ御門江残簔箱も
 
 
   同所ニ残リ立傘跡對箱ハ御玄関
   前迠為持候事
  一老中初万石以下ニ而も御役人ノ向者
   下部屋迠挟箱ハ為持候老中若
   年寄ハ簔箱も時ニ依リ為持候右
   之外部屋有之向ハ挟箱為持候
   向有之御小姓御小納戸抔勿論ニ候事
一御禮席大躰三家加州越州同
 様
 
43     画像

一着座之義御大禮束帯之節ハ勿論
 其外年頭節句抔ハ大廣間
 御下段西ノ板椽月並御禮ノ節ハ
 御白書院西ノ椽側外小溜リ
   但若菜ハ御黒書院迠ノ出御ニ候故
   着坐と申義ハ無之
 
 
    【(朱書)「當藩ニ而椽側詰年寄共
    年頭八朔ニ大廣間下段板椽ニ
    着坐月並礼ノ節等波ノ間
    着坐右溜リ詰同様ノ振合也】
一直御請之義大躰三家同様ノ振リニ
 見及ひ候得共席柄ニ而品合有之との
 事ニ候
 
44     画像

一上意も三家と同様目出度と計
 之 上意 年頭ヲ初都而同様
  一暑寒ニ付 上意ハ無之
  【(朱書)「一掾側詰年寄共取扱ノ内
  ○月並禮ニ奥江出候義
  ○講釋日奥ニ而ノ目見ヘ
 
 
  ○出仕無之式日奥ニ而之禮
  ○右等ノ節ニ時候ニ付言葉
   右四ヶ條と年頭ニ無事ニ超歳
   してとの言葉且暑寒ニ付而ノ言
   葉ハ
   公儀ニ而ハ溜リ詰ニ而も右躰ニ候
   上意ハ不被為 在三家ニ而も同様ニ而
   其内三家ニ限リ暑寒ニ付
   上意被為 在候計ニ候事」】
 
 
【(剥離付箋朱書)「庚辰
 ○印五ヶ條近比改正
  ニ而当時ト相違」】
 
45     画像

一席柄ニ而出仕無之式日ニも登 城且右三日之
 間ニも五日ニ一度ト申振リニ而平服ニ而
 登 城 御目見ハ無之老中江謁
 候事
  【(朱書)「一當藩中ニ而出仕無之式日ニも重役共
   登城有之右之外講釋日ニ登
   城有之如物ニ候得共○大番頭以上奥
   ニ而目見申付候様ナル義ハ
   公儀ニ而ハ無之大番頭以下之重役
   當藩中ニ而取扱候振リニ候溜詰
 
 
   右之通ニ付而ハ雁ノ間菊ノ間之向ハ
   勿論同様 御目見等ハ無之事ニ候」】
  【(朱書)「一公儀ニ而ハ出仕無之式日ニも御目見と
   申ハ両卿方老中若年寄計ニ候
 
 
【(剥離付箋朱書)「庚辰
 ○印之所前段同様
  当時相違」】
 
46     画像

   溜リ詰ヲ初雁ノ間菊ノ間且大御番
   頭初登 城ハ有之候得共奥江出
   候義ハ一切無之事右登 城之節々
   謁ニ而候三日之外登 城之節も勿
   論同様ニ候事」】
  【(朱書)「一講釋ハ毎月十日計ニ而雁ノ間ニ而
   有之右之節ハ御役人計聴聞
   尤詰合ノ雁ノ間席之分ハ定而
   聴聞ノ事と存候溜詰菊ノ間
 
 
   席ハ詰合候而も聴聞ハ有之間敷と
   存候尤老中若年寄ハ出席
   有之候得共御側衆ハ奥御奉公
   と□(虫損)奥勤故出席無之御用御
   取次ハ尚更之事ニ候」】
  【(朱書)「一講釋ニ付 出御と申義ハ勿論無
   之事ニ候」】
一太刀目録疂目且披露之振
 
47     画像

 合御盃頂戴之振合ハ御譜代
 外様ノ差別無之悉官位ニ而進
 退有之候故溜詰と而も差別無之
一謁之義ハ御黒書院松之溜[則此所/席也]
 ニ而謁有之候故三家ゟも先江相済
 
 
 候惣出仕之節抔ハ右故三家ゟ先江
 退散いたし候事
   但惣出仕与申ハ御礼日ニ無之御慶事
   并御法事済等ニ而惣登城之節ノ
   義ニ候事
一退散之節も別段差別ハ無之勿論
 
48     画像

 坊主先立抔ハ一切無之義ニ候得共御礼日
 着坐有之候故諸家之退散ゟ後ニ相
 成候事
  一三家ヲ初加越其外国持并外
   様ハ其身御礼済候得者直ニ退
   散いたし候へ共溜詰ハ 入御後之
 
 
   退散ニ候御禮日ノ品ニ依リ雁ノ間ノ
   向も 入御後退散之義有之且又
   装束之節等ハ御普(ママ「譜」)代衆も[是ハ帝鑑/之間席之向]
   入御後退散ノ義有之候
  一菊ノ間席ノ向ハ 入御之節御通掛
   御目見故式日ニも 入御後之退
   散ニ候事
 
49     画像

  一三家加越国持外様ハ自分居残
   御礼等之節計 入御後退散ニ相成
   候事
  【(朱書)「一菊之間席ノ向并鳫ノ間席之嫡子ハ
   入御之節御通掛 御目見ニテ當藩ゟ鎖之間ゟ
   重役共嫡子目見ノ振ニ候事」】
一豫参之義ハ御法會之節計ゟ平
 
 
 常 御参詣之節ニ御先立相勤
 候義等左之通
 豫参之儀ハ御法會之節御先立
 之外何人ニ而も溜詰一統[束帯/衣冠]等ニ而
 御装束所江相詰御先立之老中
 
50     画像

 一統御霊屋江相詰御法會中ハ
 東之張出シ又ハ掾座ニ籠リ候事
一御先立ハ御法會ノ節ハ勿論平常
 御参詣之節ニ而も其節々前日老中
 連名之奉書ヲ以明日御先立可相
 
 
 勤旨被 仰付候事
   御装束所江相詰老中一統
   御霊屋江相詰候義等前段ニ記有之
   故略之
 初メ勅額御門西ノ柱際江着坐仁天
 御門江御先参候注進ニ而勅額御門
 
51     画像

 内正面江着坐此所ゟ直ニ御先立相勤
  尤此所 御下乗所也但不残御通筋ハ敷物有之候故御先立代リ候義
  ハ無之此所ゟ御唐門通リ御拝殿ヲ過御内陳(ママ「陣」)迠御先立相勤候事
 御唐門外ニ而御手水并御括被為解
 候内御唐門石段ノ下ニ平伏夫ゟ又々
 御先立至御拝殿御先江行過
 
 
 御内陳(ママ「陣」)至階上御拝席ヲ伺ひ
 直ニ階下江下リ御拝殿と御内陳(ママ「陣」)
 之相渡リ殿ニ而平伏 通御相済
 御拝殿東ノ方ニ扣罷在
 還御之節此所ゟ御先立勅額
 
52     画像

 御門西ノ柱際江披キ平伏 通御
 相済御跡ゟ老中御内陳(ママ「陣」)詰若
 年寄等御門際ニ而平伏此節一統江
 上意[無滞参詣も/済而との 上意]直ニ[御轅か/御駕か]江
 乗御 還御相済而立帰リ自拝
 
 
 有之候事
   【(朱書)「御敷物等ニ而代合候義無之且御霊屋之
   御様子格段相違之事故勤振リ者違
   候得共大躰ハ當藩ニ而參詣之節椽
   側詰年寄共先立等之振ニ似寄候事」】
一御法會之節御逮夜ニ被物有之
 
53     画像

 右之節惣奉行ノ老中一人衣冠
 并溜詰衣冠ニ而着坐有之候事
  一被物之義ハ御當日 御門主且方丈
   ヲ初内坐ノ向江ハ於御前御次第
   有之候得共従来 御聴聞と申ハ御當
   日御經供養計ニ候故御次第ノ中も
   少之内ニ而出勤ノ僧侶も内座六人
 
 
   上野ニ而僧正以上芝ニ而紫衣以上
   是ヲ内座ノ六人と云椽坐十二人外坐
   四五拾人程右計ニ而此已前三日之
   正御法事ニハ夥敷人数ニ而僧正以
   上以下とも御當日 御参詣之節ハ出勤
   無之僧ノ方多右之分江御逮夜ニ
   被物有之事ニ候被物ハ勿論
   御門主七ツ方丈同断内座ノ中寺
   格ニ而三ツ外ハ二ツ宛何れも綾羽大紋
 
54     画像

   綸子ノ類ノ綿入ニ而夏分ニ而も冬ノ時
   服同様ニ候事
  一右之節被物ノ役ハ 御當日同様中
   奥御小姓衣冠徹釼ニ而相勤候事
一席柄ニ而京師江之 御名代等相勤候義帝
 鑑ノ間席ニ而勤候節ゟ御重キ御慶事
 等之節相勤其節ニ加階有之正四位
 
 
 上ニも至リ候得共全御譜代家ニ而申ハ
 参暇等ノ節国持江ハ侍従ニ而も
 老中ノ 上使ニ候得共溜詰ハ正四位上
 中将ニ而も矢張御使番 上使ニ而御暇ハ
 上使も無之召状ニ而登 城之上被
 
55     画像

 仰渡ニ相成大ニ国持大名ゟハ劣リ候
 事ニ候乍去御譜代と外様ノ差別ニ而
 席柄ハ格別前段ノ通ニ候事
   【(朱書)「當藩ニ而椽側詰年寄共大躰
   右ヲ見合右溜詰御取扱ニ
   三家江之 上意振リ等ヲ取交
 
 
   候様ナル物ニ候事」】
【(朱書)「一右之外国持諸侯ハ加州越州ゟ尚
 更表向之御取扱ニ而柳之間席[是ハ中/大名也]
 之面々も同様交代寄合表高家之
 面々とも勿論當藩中江可引當義ハ
 
56     画像

 無之尤奥□(虫損)出候と申義ハ末々記候向計
 ニ而国持并中大名ニハ一切無之右之内国持
 大名ニ而も加州嫡子ニ而も大廣間席之先
 官ニ而上坐ニ進候へハ正月二日大廣間ゟ直
 御請と申義有之由御盃呉服拝領等
 
 
 相済益御機嫌能被遊御超歳奉
 恐悦候旨ヲ申上候由是ハ三家ニも無之事ニ候
 右之外相替義も無之當藩中江引當
 可申箇條も無之ニ付席分計記雁之間
 菊之間之向も夫々朱書ニ而委細ヲ記候事」】
 
57     画像

一御禮席大躰左之通ニ候得共漏候箇條甚多
 乍去多分席分ハ右之内江籠リ候事ニ候尤
 御大禮束帯等之節ハ何れ大廣間ノ御式ニ而右
 御式前後ニ三家者 御目見いたし候得共御白書
 院ニ而奥江付候義ニ而ハ無之
一朱引ゟ上ハ奥ニ候事
一上意ハ三家加越溜詰国持【(注記)是ハ年頭計】之外都而無之通御掛
 之向勿論也
一身分ニ付御禮事ニハ多分 上意被為在候事
 
 
     御座之間
          老中
          若年寄
        右召出シ
          両卿方
          菊千代殿
 元日     右御禮御盃
 一統官服   呉服頂戴
        表出御掛
 御側衆モ    御側衆御
 御礼并御流   小姓御小納戸
 等ハ大廣間   御礼尤御小姓
 諸太夫ニ籠ル    御小納戸ハ
           急度御礼
           ト申ニハ無之
 
     御黒書院
      御勝手ノ方
       羽目ノ間ニ而
       新御番組頭
       表御祐筆組頭
       奥表御祐筆
      右 通御掛
         平伏
      御礼以前此所ニ而
      老中一統装
      束着ノ上出席
     兎御吸物
      右御風味有之
      事
 
     御白書院
      着坐アリ
       三家
      同
       加州
      同
       越州
      同
       因州
     【(注記)元日ニ限ル】
       溜詰
       御家門之
       侍従以
       上
       御譜代之
       侍従以上
       老中モ籠ル
       四品以上
     右御禮御盃
     呉服頂戴
  御勝手ノ方ニ而平伏
       御小姓組
       并丁人共
 
     大廣間
       御譜代諸大夫
       外様万石以下
       御留主居大御番
       頭初諸大夫之
       御役人布衣以
       上以下共一統
       御礼
  重而御上段御着坐ノ上
       諸大夫以上御流
       呉服頂戴
       法印法眼モ出ル
  入御後
       布衣ノ面々
       御流頂戴次ニ
       素襖ノ面々ハ
       小十人格観世大夫迠
       御流頂戴
 
58     画像

     御座之間
           老中
           若年寄
         右召出シ
           御側衆御
           小姓御小納戸
 二日        元日ニ残リ候
 一統官服      分御礼
          【(朱書)「●」】両卿方家老
 【(朱書)「●」】印ノ向御礼ハ  【(朱書)「●」】御廣敷御用人
  元日表ニ而相  【(朱書)「●」】奥御醫師
  済候事     【(朱書)「▲」】両卿方用人
 【(朱書)「▲」】印ノ向モ元日ニ 【(朱書)「▲」】奥詰ノ面々
  此所ニ而御目見
  ノ義モ有之歟
         右御序ニ御通リ掛
         御目見
 
     御黒書院
      御勝手ノ方
       西湖ノ間ヨリ羽
       目ノ間山吹ノ間
       江掛ケ
         雁ノ間詰[父子/共]
         菊ノ間[父子/共]
       右御礼ハ元日大
       廣間一統ノ内
       ニ而相済今日モ
       表出御ニ付着
       坐ニ出候ニ付一統
       通御掛御目見
       一統平伏
 
     御白書院
      着坐アリ
       三家ノ嫡
  當時幼年 松平左兵衛督
      右御礼御盃呉
      服頂戴[尤左兵衛督/ハ御盃無之]
     大廣間江渡御
     之節櫻ノ間ニ而溜詰
     平伏[是も着坐ニ/付登城]
    御勝手ノ方
     帝鑑ノ間ニ而
      御譜代一統
      御留主居
      大御番頭初
     右モ御礼ハ元日大
     廣間ニ而相済今日
     ハ着坐ニ付登
     城一統平伏
 
     大廣間
      着坐アリ
       国持并表向四
       品以上[加越ノ/嫡共]
      右御禮御盃呉服頂
      戴  尤侍従以上ハ着
         坐元日ノ三家加
         越之振合也
      中大名也
       外様万石
       以上
      右ノ外元日残リ
      諸役人御番衆共
      御礼諸大夫以上御流
      呉服頂戴布衣
      以下 入御後御流
      頂戴等元日ノ通
 
 
     御座之間
  三日       老中
           若年寄
         右召出シ計
  奥ノ御次第等ハ不存候得共表
  向ハ元日二日六日等と違年中
  御次第書ノ外ニテ全無官之面
  々 御目見而已ニテ出座ノ向計
  長袴一統ハ半袴着
 
     御黒書院
      御次第無之
 
     御白書院
      無官ノ面々并
      小普請等
      立御ニ而御目通
      有之候得共聞度
      御次第書ニ不入
     一三家無官嫡子
      有之節ハ御盃頂
      戴有之候得共
      是以御次第書ニ不入
 
     大廣間
      渡御不被為在
 
     御座之間
元日二日ノ通リ
官服ニ候得共
當番ノ御番衆ハ
相違も可有之歟
  六日       老中
           若年寄
         右召出計
     天台宗一統
  二月朔日御礼今日之
  通リ一統官服尤月
  並御礼ハ無之候事
 
     御黒書院
      御次第無之
         溜詰
         髙家
         雁ノ間詰
      右今日寺社御礼
      ニ付登 城御目見
      ハ無之尤何レも官服也
 
     御白書院
      増上寺初御内
      禮ノ分御礼
       御譜代衆
     右今日ノ御礼ニ付
     登城御目見ハ無
     之尤何れも官服
     ナリ
 
     大廣間
      立御ニ而一統
      寺社山伏御礼
      有之 御着坐ハ
      無之
上ニ記候通ニ候得共當番ノ御小姓
但御書院番小十人ハ元日二日
□…□(虫損)素襖着歟
 
59     画像

     御座之間
      老中
      若年寄
     右召出シ
  上巳  両卿方
  端午  菊千代殿
  七夕 右御礼尤御下
  八朔 段御左ノ方
  重湯(ママ「陽」) 表出御掛ケ
      御側衆
     右ノ後座ニ御小
     納戸奥御醫師
     御廣敷御用人等
     定例ニ無之出ル歟
  一統長袴
  御番衆ノ
  當番ハ半
  袴カト存候事
     御黒書院
      御次第無之
     御白書院
      出礼
       三家[父子/共]
      同
       加州
      同
       越州
      同
       溜詰[父子/共]【(注記)父子共/出候ハ代々/溜詰ノ/向計/以下之/御式順/之】
      同
       松平左兵衛督
      同
       山王別當
      同
       同神職
     御勝手ノ方一
     統平伏
       髙家
       雁ノ間詰
       菊ノ間
     大廣間
       国持并
       加越ノ嫡且
       国持嫡
       表四品以上
      二ノ間ゟ三ノ間御車
      寄モ板椽江掛ケ
      一統平伏
       外様万石
 万石以上  □□(虫損)護持院
 ハ出礼七    金地院
 人宛    御譜代并
 両僧モ   御留主居大
 出礼    御番頭初メ
     御座之間
      御次第上巳
      端午等之
      通リ
       両卿方
 月並御禮  之家老
 一統半袴  用人
      右一統平伏
      有之歟ニ相
      聞候事
     御黒書院
      出礼
       三家[父子/共]
      同
       加州
      同
       越州
      同
       溜詰
     御勝手ノ方一
     統平伏
       髙家
       雁ノ間詰
     入御之節菊
     之間ニ而
       雁ノ間之
       嫡子
       菊ノ間
       ノ向
     一統平伏
     御白書院
      出礼
       國持初
       御譜代
       外様とも
     右四品以下ハ七人
     宛出礼
       護持院
       金地院
     右出礼
    一御勝手ノ方
       御留主居
       大御番頭
          初メ
     右一統平伏
      出礼
       松平左兵衛督
     右四品以上ニ籠ル
     御白書院出礼ノ内御用
     被為在候か又ハ大奥江
     御年礼登 城ノ向抔有之節
     且六月朔日ヨリ八月十五日
     迠ハ四品以下一統御礼ニ相
     成其節々御礼前老中
     席達有之事右之
     節者左之通リ
       御譜代四品以下
      右ハ帝鑑ノ間
       外様万石以上
      右大廊下
       右之席ニ而一統
       平伏
     大廣間
      渡御不被為在
 
60     画像

     御座之間
【(朱書)「□」】印ハ不時御礼 老中
 若菜御礼ニ而ハ        若年寄
 無之            右召出
  【三家加越計長袴(注記)】  若菜計
  若菜              両卿方
    一統半袴          菊千代殿
  不時御禮
   御席計  【(朱書)「□」】三家
   外ハ常服
      右参府御暇其外
      身分ニ付候御禮
      【(朱書)「三家奥江出候義
      此節計リ
      三家ノ庶流其家ノ
      本家参府御礼之
      節計ハ本家ニ付出ル」】
 
     御黒書院
      出礼
       三家[父子/共]
      同
       加州[當/主計]
      同
       越州[同]
      同
       溜詰
      右若菜ノ節計
       雁ノ間詰
      右竹御廊下
       髙家
      右西湖ノ間
     右一統平伏
     不時御礼ノ節も
     同様
      出礼
       【(朱書)「□」】諸家一
       統
     右参暇并身分
     ニ付候御礼
 
     御白書院
     一若菜并不時
      御礼ノ日ハ出御
      無之
     一月並御礼日ニ
      諸家参暇并
      御礼事籠リ
      候節ハ 出御被
      為在候ニ付此所
      ニ而御礼事有之
       月並御礼日ノ
       御礼事
        諸家之
        参暇并
        身分ニ付
        候御礼
        寺社之
        御礼事
 
     大廣間
      渡御不被為在
 
 
     御座之間
       【(朱書)「〓」】老中
                若年寄
謁              右召出
【(朱書)「〓」】印ノ分出仕無之  両卿方
 式日ハ              菊千代殿
 一統半袴又           右三ノ間ニ而被謁
 出仕ノ外常           老中出席
 服ノ義も          【(朱書)「〓」】一式日ハ出礼
 有之  
御拳ノ鳥御披キ
        三家ノ庶流
        御譜代
      右二三ノ間ニ而
      一統平伏
    【(朱書)「右ノ向此節計奥江
    出ル」】
 
     御黒書院
       溜詰
      右謁老中
     【(朱書)「〓」】一式日共
       雁ノ間[父/子]
       菊ノ間
      右於席老中
      江
     【(朱書)「〓」】一式日共
     此節ハ御家門之向も
     御譜代江籠ル
     一御家門と唱候向ハ
      三家ノ庶流と越
      前家之向ヲ云
 
     御白書院
       三家[父子/共]
      右西ノ椽側
       加州
      右黒鷲御杦戸
      之際
       越州
      右櫻ノ間
       御譜代
       御留主居
       大御番頭
          初
      右帝鑑ノ間
      内外
     御拳ノ鳥御料理等
     御目見後夫々於
     席令頂戴
      尤御家門ノ向共
 
     大廊下
       國持并
       四品以上以下
       外様
       護持院金地院
     右之席迠老中
     出席尤御黒書院
     ゟ御白書院此所迠
     御目付御同朋頭先立
     大目付御目付隨従
 
61     画像

     御座之間
      三家[父子/共]
      両卿方
    右拝任拝叙
被 仰渡  加判之列
    右ヲ初布衣以
    上御役替ノ節ハ
    何れノ向ニ而も同様
    万石以上以下共
    出ル
    【(朱書)「當藩頭役
    以上役替ノ通リ」】
 
本文ノ外三家御座之間江出候□…□(虫損)姫君様方御縁組等被
仰出并右ニ順候御慶事ノ節出候義有之
一右御慶事等ノ節ハ加州越州溜詰モ出候事
一右ノ外拝任拝叙等ハ大躰御黒書院ニ候事
 右之通ニテ國持外様ハ奥江出候義無之三家ヲ初
 加越溜詰モ本文ノ通ニテ奥江出候義ハ甚稀ニ有之候事
 【(朱書)「○當藩中ニ而椽側詰年寄共并大番頭以上式日奥江
 出候義講釋之節出候節之如御振リハ無之」】
一三家ヲ初布衣以上迠何れニ而も無差別奥江通リ候節ハ
 御黒書院御勝手ノ方三家ハ西湖ノ間外ハ同所椽側江寄セ有之
 其上ニ而御錠口明キ暫いたし若年寄御錠口ゟ出案内いたし
 三家ハ御成廊下七曲ノ杜子美(ママ「春」)ノ御杦戸内外ニ費長房ノ
 御杉戸内曲リ角江寄セ 出御ノ上又々若年寄案内ニ而
 御座之間三ノ間御椽側江寄リ老中差図ニ而出席ノ事
 
 
大躰右之通ニ而老中若年寄ハ先
御役柄ニ而口奥ト申ニ詰所有之御側
衆ト両卿方ノ家老ハ口奥ゟ奥江ノ廊下
時計之間廊下ト申所ニ詰所有之右
之續ニ御側御用人詰所有之【(朱書)「[老中/若年寄]」】
 
62     画像

【(付箋・朱書)「○印朱書も前段同様
 當時相違○印前段
 二ケ條此所トモ都合三ケ
 所改正ニ而自然東都ノ御振合也」】
 
63     画像

【(朱書)「詰所ノ邊ゟ笹ノ間御膳建ノ間ゟ御成廊下白鳥ノ御杉
戸江ノ御勝手通ハ三家ノ通リ候御場所ニ無之候得共寛政ノ
度御黒書院御白書院御修覆有之夫故其頃計右ノ邊
上ノ御通リ筋ニ相成三家御礼も右之内計御座之間ニ
相成御側御用人詰所此方共之寄リ候席ニ相成候事ニ而
夫故右之御場所此方ハ存居候得共全御普請中計ノ
事ニ而定例ニ而ハ無之候右御場所ハ全此方共計格別之
御取扱ニ而通リ候事か溜詰加越共御普請中ハ奥江出候
様ナル御次第無之候得共御普請中若々右等之御次第有之
候而も件之通故奥江出候義ハ不相成様ニ見受候事」】
 
 
申ハ老中若年寄两卿方ノ家老ハ
御役柄ニ而奥ニ詰所有之御側衆者奥
御奉公ト唱全御側向ニ候御用御礼次詰
所ハ笹之間ゟ内右御役ト御小姓御小納戸ハ
勿論奥御奉公ト唱候事ニ而別而
 
64     画像

御前近御奉公ニ候【(朱書)「[當藩中ノ奥役ニ而/詰所奥内ニ有之様ナル物ニ候]」】右之外ハ
三奉行初悉表向之御役ニ而御用有之
被為 召候節ハ前段小書之通何れニ而
も若年寄案内ニ而 御前江出候
事ニ候【(朱書)「寺社奉行御勘定奉行御目付等御用ニ而被為
   召候節ハ申ハ當藩ニ而目付共ニ用有之居間江
 
 
呼候節抔之振并當地ニ而寺社奉行町奉行抔江用
有之居間江呼候節之振ニ而 公儀ニ而ハ大目付御勘定
奉行とても同様ニ候事」】
右之通ニ而表役奥役と申義も無之都而
老中若年寄ハ御役柄ニ而詰所ハ奥
内ニ候得共當藩江引當申候時□(虫損)年寄共
 
65     画像

初大目付勘定奉行用人共抔之如詰
所ゟ毎々奥内江出入いたし候様ナル物ニ候
【(朱書)「當藩右役々ノ如表ニ詰所有之候而奥内江出入いたし候
向ハ無之本文之通老若共詰所口奥と申所ゟ奥ノ口ゟ内ニ而候」】
右之通ゟ奥役共表役とも不申職分ニ而右之通
ニ候御用御取次御小姓御小納戸是ハ詰所も
 
 
奥内御側衆も先同様此分ハ職分ニ
無之御役と申ニも無之奥御奉公と
唱候【(朱書)「[當藩中ニ而申ハ小姓/小納戸两役ノ振リニ候」]】夫故三家ヲ初
諸家之屋敷江も出入不相成其内
御側衆計ハ 上使相勤候義邂逅
 
66     画像

在之候其節計此方共屋敷江□(虫損)候
事ニ候両卿方ノ家老ハ詰所口奥ニ候得共
是ハ職分ニ付候事ニ候右之外奥髙
家ヲ初御留主居大御番頭三奉行ヲ
初悉當藩ニ而申表役ニ候件之通故
 
 
表役奥役ト申義無之三家ヲ初
表向ニ而ハ御側衆御小姓御小納戸ヲ
指テ奥之衆ト唱候事ニ候扨又頭役
平士ト申唱勿論無之候諸番頭【大御番頭初ヲ云(注記)】諸物
頭【百人組ノ頭御先手等ヲ云(注記)】諸役人【御納戸頭御腰物奉行御膳奉行等ヲ云(注記)】ト申唱ハ有之尤布衣以上
 
67     画像

以下とも籠有之御番衆【两番新御番大御番御納戸御番等也(注記)】ト申唱別ニ
有之格合ニ付候節ハ諸大夫以上布衣
以上 御目見以上【小十人格迠ヲ云勿論何レも素襖ノ輩也(注記)】ト申唱有之候勿論万
石以上ハ髙役ニ付候節ハ六拾万石以上ゟ
拾万石以上五万石以上ト申唱有之候得共
 
 
格合ニハ不相成三位以上少将以上侍
従以上四品以上諸大夫以上布衣以上ト
唱候素襖ハ一統ノ事故素襖以上ト申
唱ハ無之候先大躰右之ケ條ニ而當藩
中引當ニハ可相成哉尤覚振ニ而認候義
 
68     画像

多定而相違之義も可有之候得共
一々相糺候義も差支候向も有之旁
如斯候也
 
 
一老中諸向對談之振合
   若年寄順之
  一老中三奉行初御用談ハ御同朋頭ヲ以及談候御
   同朋頭ハ奥ヘ者勿論不入候得共口奥ノ内故老中之
   詰所迠ハ参候事ニ候奥御祐筆組頭平共是ハ御祐
   筆部屋ト申老中詰所少シ表ノ方ニ有之先口
   奥ニ候右御役も奥江ハ不入右詰所限リニ候右之
   外ニ小溜リト申所有之奥ノ口御杦戸内ニ候向者
   新御番ノ御番所ニ而則奥ノ口御番ニ候事
 
69     画像

三奉行初御用向大躰ハ以御同朋頭
申談又ハ奥御祐筆組頭ヲ以申談候義も
有之候御用部屋[則老中/詰所也]奥内故三奉行
初詰所江参候義ハ不相成事ニ候
【(朱書)「[當藩中ノ如年寄共詰所ヘ諸向/入込直談ト申義ハ一切無之事ニ候]」】御用ノ品ニ依リ
 
 
老中江直談いたし度節ハ三奉行初
御同朋頭ヲ以申込老中御用部屋ゟ
出新番所前小溜リ江出席右之
所江三奉行ニ而□(虫損)何□…□(虫損)ニ而も直談ニ参候
向出座ニ而直談いたし候御用之儀ニハ候
 
70     画像

得共新番所前見通□(虫損)之場
所ニ候右ニ付而者格別入組候御用向者
老中羽目之間【是ハ御黒書院御勝手□(虫損)尤表ニ候事(注記)】江出席ゟ此所ニ而
談有之候此所ニ而も右羽目ノ間之續
山吹之間ニ而此所ニハ中奥御小姓中奥御
 
 
番詰有之事ニ而閑談ト申ニハ無之候先
大躰件之通ニ而自分用事ニ而老中江
對談抔と申義ハ一切無之三家ニ而も
先ハ無之事ニ候一躰御役柄甚厳重
ナル義ニ而格段之義ニ候事
 
71     画像

一此書者覚振ヲ以認相違之
 程も難量候得共別帋書付之
 ケ條計ニ而者餘リ疎漏ニ候故
 又々如此認見□(虫損)候事
   壬申五月