和歌山大学図書館/地域史料デジタルアーカイブ

紀州藩文庫より郷土誌料

郷土誌料

      〔文格廻勤定〕 〔文格廻勤定〕[目録]


翻刻 (画像番号)
  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | 10  | 11  | 12  | 13  | 14  | 15   
  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  | 25  | 26  | 27  | 28  | 29  | 30   
  31  | 32  |


<翻 刻>
 
1     画像

 
[文格/廻勤]定
         河嶋
 
2     画像

 
    文格
一 諸向江大目付御用人ゟ之文格
   掾側詰衆
   御觸之節  殿書
  端作無之何々之品
  被 仰出候旨 誰殿
  被 仰渡候付如此候以上
    奉切紙之節
  以手紙令啓達候仍之如此候
    殿書之節
  以手紙令啓達候何々之品左様御心得
  被成[御申付/御申合]可被成候依之如此候以上
 
3     画像

 
    様書之節
  以手紙致啓上候何々之品左様御心得
  被成[御申付/御申合/御申聞]可被成候仍之如此御座候以上
一 御差越被成落手仕候
一 何々差進申候
一 依之御紙上之趣承知仕候
  但
    御切紙ニ而御届又者御返書被遣候節
    御勤ニ付御品者殿書御身分ニ付
    御品者様書ニ而被遣候事
一 御城代ゟ大御番頭迄も奉切紙之節
  殿書之節
   以手紙申入候依之如此候
   様書之節端作勿論之事
 
 
   別紙之通御心得御支配江も御達可被成候
  [申渡/相達]儀有之候間唯今拙者共御役所江
  御出可被成候
   但 殿書之節ハ御出可有之候
一 御申越之趣者承知候
   重役并両御番頭江 殿書之節
   端作り無之 依之如此候
    様書之節
   別紙之通御心得御支配江も御達候様存候
  [申渡/相達]儀有之候間只今拙者共御役所江
  御出候様存候以上
  布衣以上并頭役江 殿書之節
   端作り無之仍之如此候
    様書之節
 
4     画像

 
   別紙之通御心得御支配江も御達可有之候
  [申渡/相達]儀有之候間只今拙者共御役所江
  御出可有之候以上
   但 殿書之節 可被出候
  平士尤素袍以上共
    別紙之通被相心得支配江も可被相達
    以上
  [申渡/相達]儀有之候間只今拙者共御役所可被出候
  以上
   殿文字之事
    御年寄衆   殿
    [掾側詰衆/御傳衆/御側御用人]   殿
 
 
    大御番頭   殿
    両御番頭   殿
    頭役迠    殿
    布衣以下   殿
    平士素袍以上 殿
    平士素袍以下 殿
一 大目付御用人江諸向ゟ之文格
 一 御城代中大寄合中大御番頭中ゟ
    但御改名宛之節中名宛之節ハ様書
   以切紙令啓達候依之如此御座候
   御切紙令拝見候御紙面之趣致承知候
    召状ニ准候筋ハ御紙面之趣承知仕与認
    名代等之儀相通し候節自分被出候節ハ
    私罷出候与認
 
5     画像

 
一 御供番頭以上ゟ
   但名宛之節者 様書
  以切紙致啓達候依之如此御座候
  御切紙致拝見候何々之品申達候
  御紙面之趣致承知候
   召状ニ准候筋ハ御紙面之趣承知仕与認
   名代等之義相通候節自分被出候節ハ
   私罷出候与認
  但大目付松坂御城代御勘定奉行中御用人
   取遣文格先達而相極候通
   召状ニ准候筋返状并身分ニ付役所江
   被申届御類ハ右四役も本文之通
   寺社奉行中江之取遣文格之義右四役
   同様ニ而召状ニ准候筋之返書并身分ニ付
   役所江被申届候類も右四役同様
一 両御番頭ゟ
   但名宛之節者様書
 
 
   以切紙致啓上候仍之如此御座候
   御切紙致拝見候御紙面之趣致承知候
一 町奉行御廣敷御用人ゟ御用向ハ様書
   以手紙致啓達候 致承知候
一 頭役以上ゟ
   但名宛之節者 様書
   以切紙致啓上候 仍之如此御座候
   御切紙致拝見候御紙面之趣承知仕候
一 平士素袍以上ゟ
【(欄外)新御番以上ゟ】
   但名宛之節者様書
   以切紙啓上仕候仍之如此御座候
   御切紙拝見仕候御紙上之趣承知仕候
 
6     画像

 
 一 右以下
   御目見以上ゟ
    但名宛之節ハ 片名様
   以切紙啓上仕候 依之申上候
   御切紙拝見仕候御紙上之趣承知仕候
 一 諸向ゟ書付役所江差出候節
   諸切紙二而
   差進候差越候与認候儀無之右之
   筋者都而差遣候与認
一 御目付江諸向ゟ之文格
 一 重役以上且御用人中ゟ
 
 
   依之如此候
   御目付中
    但名宛之節者様書
     無端作仍而申越候令承知候
    召状ニ准候筋ハ御紙面之趣致承知候
    但右之内
     御役人向も同様
 一 両御番頭ゟ
    但名宛之節者様書
   以手紙令啓達候仍之如此御座候
   御手紙令拝見御紙面之趣致承知候
 一 町奉行御廣敷御用人御附御用人ゟ
   御用向者様書
   以手紙令啓達候令承知候
 
7     画像

 
 一 頭役以上ゟ
【(欄外)拙者儀与アリ】
    但名宛之節者様書
   以切紙致啓達候仍之如此御座候
   御切紙致拝見候御紙面之趣致承知候
 一 平士素袍以上ゟ
【(欄外)私儀与アリ】
    但名宛之節者様書
   以切紙啓達仕候仍之如此御座候
   御切紙拝見仕候御紙面之趣承知仕候
 一 右以下
【(欄外)上ニ同】
   御目見以上ゟ
    但名宛之節者様書
   以切紙啓上仕候仍之申上候
   御切紙拝見仕候御紙面之趣承知仕候
 
 
一 諸向ゟ書付等役所へ差出候節添切紙
  ニ而差進候差越候与認候儀無之右之筋者
  都而差出候与認
一 両御番頭中ゟ以下者都而御目付衆中
  与認之
一 御嫡子惣領其外初而 御目見之義相達
  候品
    御年寄衆  御側御用人衆見習共
   掾側詰
    御年寄衆 御城代 大寄合
   右御年寄衆ゟ御達被成
    大御番頭以下 重役 御用人
   右大目付ゟ御達候筈
   但御用人ゟ申合候事
 
8     画像

 
    頭役 平士
   右御目付ゟ相達候事
    但御用人ゟ申合候事
一 御役儀家督跡目隠居之御礼も
  右同様
一 御目付ゟ諸向江之文格
   御年寄衆 御側御用人衆見習之衆へ
   御切紙拝見仕候御紙上之趣奉得其意候
   以切紙啓上仕候依之御達申上候奉伺候
   承知仕落手仕候承知仕候
 一 掾側詰御年寄衆
    御切紙拝見仕候御紙面之趣奉得其意候
 
 
    以切紙啓上仕候依之申達候可被 仰聞候
    落手仕候承知仕候
 一 御城代中ゟ大御番頭中迠
    殿書之節
   以切紙申達候仍之如此候
    様書之節
   以切紙致啓達候仍之如此御座候
  端作り
   別紙之通御心得御支配江も達可被成候
   御申越之趣致承知候
 一 重役并両御番頭御用人中江
    殿書之節
   以手紙申達候仍之如此候
    様書之節
 
9     画像

 
  端作り同断
   別紙之通御心得御支配江も[御達/御申聞]可被成候
 一 布衣以上
    殿書之節
   以手紙申入候仍之如此候
    様書之節
  端作り
   別紙之通御心得御支配江も御達可被成候
    同
   相達儀有之候間只今拙者共御役所江
   御出可被成候
    但殿書之節御出可有候
 一 頭役江
    別紙之通御心得御支配江も御達可有之候
 
 
    [申渡/相達]儀有之候間只今拙者共御役所へ
    御出可有之候
 一 平士素袍以上
    別紙之通被相心得支配江も可相達候
    [申渡/相達]儀有之候間只今拙者共御役所江
    可被出候
 一 素袍以下平士江者殿書文言
   以上同様様書なし
     [殿字/様字]之事
    御年寄衆 様殿
        片銘
    掾側詰衆 様殿
 
10     画像

 
                  同
    [御側御用人衆/同見習之衆共] 様殿
    [御城代中ゟ/大御番頭中迠] 様殿
    [大目付中ゟ御供/番頭御用人中] 様殿
    布衣以上頭役 様殿
    頭役     様殿
    素袍以上平士 様殿
    [同下/御目見以上平士] 殿
    御目見以下  殿
 
 
   大御番頭以上江者衆中
   大目付中ゟ以下中
一 殿様
  右之外 御方々様ニ而も立様之筋者
  本文之通認
右之通相極候事
  寛政十二申八月
文化三寅七月廿三日
一 御用状ニ自分儀与相認候を已来先方
  ニ寄御自分又者其元と相認候様御用
  向を申通し候節申越と相認候得とも
  已来者申進申達申遣といつれも
  時宜ニ寄三通り相認候様
文政四巳七月二日極
一 御廣敷御用人江平士ゟ之文格御目付
  江之文格同様ニ可致事
 
11     画像

 
文政四巳十二月十三日
一 町奉行中并御廣敷御用人中江頭役ゟ
  之文格御目付中江之文格同様ニ相極
  且又町奉行中江平士ゟ之文格御廣敷
  御用人中江之文格同様ニ相極候事
天保五午十二月廿四日
一 万石以上之縁類詰江諸向ゟ之文格
  向後加判之列同様可相認事
文化十酉九月十九日
一 當役ゟ上席之格式ニ而相勤候面々
  文格之儀已来御用向者當役之
  文格ニ相認身分附候儀者持格之
  文格ニ相認候事
   但御目見以上ニ而 御目見以下
    之勤を致し候分者
    御目見以上之取扱候事
 
 
   御礼廻勤
一 御礼廻勤之名代 御目見相済候惣領
  差出不苦事
一 御医師名代ニ俗躰之者御礼廻勤不相成
  御医師無足之筋 御目見相済候惣領
  差出不苦候
一 奥役之輩ニ而も同様重役嫡子并平士惣領
  之差別無之事
一 平士願済ニ而名代頭役差出不苦事
一 當人病氣ニ而名代江被 仰渡候節
  御目見以上名代ニ以下役者不相成事
一 右同様之節以下役之名代ニ
  御目見以上差出不苦事
【(付箋)嘉永五子九月五日江戸あり
     一 御徒押新藤長左衛門
       召状之処病氣ニ付名代
       同役内原小左衛門相勤
       仰之席江被出候処出振
       差図等御目付中被成
       追而被 仰受候處
       小十人小普請鞠町
       御殿勤番被 仰付候事
        但以上之席ニ而受
        候事」】
【(付箋)弘化四未十二月五日ニ有江戸
      御用召之節已下役之名代
      御目見以上罷出候節
      御目見以下之処ニ而 仰受候付
      出振差図等御徒目付致候事】
 
12     画像

 
【(付箋)文化五辰十月廿一日
     一 召状ニ而罷出痛所二而御礼廻り
       難相成向者 御目見相済
       有之惣領差出候而も不苦事
        奥向之輩たり共同前之事
        重役嫡子頭役并平士之惣領
        之無差別事】
【(付箋)天保三辰正月十四日
     一 御目見以上之筋御礼廻勤右
       名代已下役ニ而相勤候而も不苦哉
     一 已下役之筋御礼廻勤右名代
       御目見以上ニ而相勤候而も不苦哉
     右何れも不苦旨御目付中御申聞
     被成候
     一 御目見以上之名代已下役罷出御礼
       廻勤之節御年寄衆玄関ニ而席
       之儀相伺候処矢張已下役之席
       二而申述候様御目付中御申聞候】
 
13     画像

 
一 頭支配ニ而申渡有之節 御目見以上之
  名代以下役之筋差出不苦事
一 頭役以上之輩 召状之節名代差出候儀右者頭役
  之内差出候様頭役平士ニ而も奥役之輩者仲間又奥之内
                       差出候筈
   御礼廻勤極
一 御役替
  右御礼御年寄御側御用人支配/\江廻勤
   父有之輩父も同断
 一 養子ニ遣候子跡目且御役替等被 仰付候節
   実父御礼廻勤ニ不及
 一 御用不相達御年寄江者不罷越
    都而留守屋敷江者不罷越御忌中も同様
 一 奥役之輩ハ御用御取次江廻勤致候事
一 以下役御役替等又御勘定奉行支配小普請被
  召出候向御年寄御一統江罷越
 
 
一 親結構被 仰付候節被 召出有之子御礼
   右子之御礼ニ不及
一 子結構被 仰付候節親隠居右隠居
  たり共當人同様廻勤之筈
一 隠居たり共祖父者御礼不及
一 格式
  右御役替同様
一 御医師法橋被 仰付候御礼
  右御役替同様
一 御加増
一 御足高
一 被 召出
一 隠居
一 家督
右御役替同様
 
14     画像

 
一 親跡目小普請入 刑也
 右家督同様廻勤之上相慎居候筈
 御目見以下も同断
一 西條御附属之内 御表ゟ知行御切米
  被下筋跡目
 右御年寄初江廻勤表御用部屋江も罷出
一 隠居家督跡目之御礼申上候節
 右御役替同様
   但隠居之御礼御勝手済之節者本文同様
一 御役儀之御礼申上候節
  右月番御年寄衆江罷越
一 屋敷拝領
 右御役替同様
一 屋敷添地拝領
 
 
 右月番御年寄并通元江罷越
   願済申渡衣服半袴
一 子屋敷拝領ニ付親御礼
 右親之御礼ニ者不及
一 屋敷差上候追而屋敷拝借願相済候節
  御礼廻勤
 右屋敷添地拝領ニ同様
一 養子
 右御役替同様
    養子之実父頭役ハ月番御年寄
    平士者支配江罷出
一 次男三男を惣領
 右養子同様
    嫡孫承祖右同様
一 養女 半袴也
 右双共月番御年寄御側御用人江罷出
 右平士ニ而も同様
 
15     画像

 
一 御目見以下聟 養子之事也
 右頭支配江罷出
一 養子戻し願済
 右月番御年寄江罷出
一 末期養子名跡
 右養子同様
  一 養子之実父不及御礼
  一 養子ニ遣有之仁御役替且跡目等之節
    養子之実父不及御礼
一 養子内存之者御尋
 右御礼不及
一 縁組
 右御年寄御側御用人江罷出
  一 願済ニ而頭支配申渡候筋者月番
    御年寄江計罷越 通し元江も罷越
 
 
一 稽古料被下
 右 御目見以上之惣領并頭役二男三男ハ御年寄
 御側御用人御小姓頭之御用人江罷越平士二男以下
 役之子ハ御側御用人御小姓頭之御用人江罷越
    弟子稽古料被下置候付右師匠御礼
    廻勤右稽古料被下置候仁同様
  一 當主藝筋ニ付結構被 仰付候ハヽ
    右師匠御礼廻勤本人同様
  一 右親御礼
    御目見以上者月番御年寄御側御用人
    御小姓頭之御用人江罷越以下候役者
    御側御用人御小姓頭之御用人江罷越
   右親半袴也
一 常詰 御免
 右月番御年寄江罷越
一 乗輿駕籠 御免
 右被 仰渡候御年寄江罷越
 
16     画像

 
【(付箋)十四日川角惣方以下十七日瀧先方
                  已上
  慶應三卯二月十四日同十七日
  一 先方以上ニ候ハヽ名跡之仁へ
    被 仰渡計ニ而其実父召へ
    頭支配より別段申渡無之ゆへ
    御礼廻勤無之惣方以下ニ候ハヽ
    其実父召へ頭支配ゟ申渡有之
    候付申渡之頭支配計へ廻勤
    致し有之候】
 
17     画像

 
一 知行目録頂戴 御加増被下候付而也
  右月番御年寄江罷越
一 御切米を地方被成候筋或者跡目割替目録
  頂戴
 右御加増目録頂戴同様
一 隠居ニ而分知頂戴致し目録其侭二而有之候處
  病死ニ付知行割替目録頂戴之節
 右同様
一 知行免不足被下
 右被 仰渡候御年寄江罷越平士者月番御年寄
 并通し元之御用人
一 知行當所務被下
 右月番御年寄并支配江罷越
  一 大目付御勘定奉行御用人病死ニ付知行
    當所務被下候筋月番御年寄御側
    御用人江罷越
【(欄外)當時御側御用人衆
     欠役ニ付月番
     御年寄衆計二而
     宜候事】
 
 
一 御普請役 御免
一 初而 御目見
 右御役替同様
一 惣領二男初而 御目見
 右初而之 御目見同様
  右御目見仕候者之親御礼廻勤之衣服服紗半袴
   但親差合有之名代を以御礼廻勤仕候得者
   衣服差別も可有之哉与問合ニ付勿論無差別
   半袴着之筈及答
一 勢州詰之筋惣領
  御目見願相済候付親御礼
 右御目見済承知之上勢州二而御役替之節
 廻勤之ヶ所江罷越
   但右者勢州詰ニ限り候事
 一 上方其外他所勤出在所之筋右同様之節
   承知之上名代を以御礼廻勤之筈
 一 江戸詰輩惣領此表二而
 
18     画像

 
   御目見相済候節も本文同様承知之上
   江戸二而親廻勤
一 勢州加番
 右御役替同様
一 御法事御用掛勤番
 右御年寄被 仰渡候向者月番御年寄江罷越
 一 都而御用掛被 仰付即日末御礼ニ御年寄
   宅江不罷越已前
   御目通差扣被 仰付候筋も右御礼ニ者
   無差別罷越候筈
一 御供頭役 奥
 右被 仰渡候御側御用人月番御年寄江罷越
一 常御供
 右月番御年寄并御側御用人不残廻勤
一 寄合大御番小普請出役
 右御役替同様
 
 
 一 親隠居者不及御礼親相勤居候而も
   右同断
一 申合勤
   吉田文之右衛門[御貸方/頭取]御勘定組頭をも兼勤之節
 右被 仰渡候御側御用人江罷越
一 奥儒者二而御勘定組頭取扱候御用筋取扱
  可申旨依之三人扶持被下置
 右同様
一 草野圓次郎[御書院番/同様勤]学校御用筋宇多
  八次郎申合相勤候様
 右御表御側御用人江不残罷越学校筋之衆
 江者勿論罷越候方且親同様廻勤
一 斎藤彦太郎初儒者へ督学申合相勤候様
 右草野圓次郎節同様二而親之儀者無之
 
19     画像

 
【(付箋)一 御前御用之外中之間講釈儒者同様
      右月番御年年并学校掛御用人へ】
 
20     画像

 
一 加役
    寺村嘉兵衛[小十人頭格/御年譜方]結城七郎左衛門[御召御具足/奉行/御□物方]
    右両人加役
 右御表御側御用人江罷越
一 見習勤ゟ當番詰番
 右被 仰渡候付御側御用人并御下屋敷御同役
 之内いつれ二而も御壱人之宅へ罷越
一 稽古場申合儀流引立
 右月番御年寄御側御用人不残罷越
一 家藝有之子取立候様伴頭被 仰付候節
 右伴頭御礼ニ不及
一 御番皆勤御銀被下
 右御役替同様
    伊賀已下之軽キものへ御銀被下候節右者是迠
    御書付御渡之御側御用人衆へ罷出候得共
 
 
    當時者御年寄ゟ出候付御礼不及
一 御番 御免
    病氣ニ付奉願 御免
 右御役替同様
一 弟子取扱被 仰付候付御番 御免
 右月番御年寄御側御用人江罷越
一 浅井伴助厄介同苗小次郎先達而小十人
  小普請被 召出新番三郎元弟子指南代り
  被 仰付有之候処御番 御免ニ付伴助御礼
  廻勤同人家ゟ被 召出候儀ニ付親同様廻勤
  之筈
  一 勝野甚之進弟子取扱御番
    御免 被仰付候付養父同苗才兵衛
    [御鉄炮/奉行]御礼甚之進同様廻勤之筈
 
21     画像

 
一 御役 御免
   頭役平士御役 御免寄合或者仍小普請
   与被 仰付右御役替同様
    被 仰渡ハ名代江被 仰渡承知之上
    御礼ニ者當人廻勤
一 頭役ゟ不心得ニ付御役 御免寄合
   右同断
   右御礼廻勤之上相慎候筈
一 重役嫡子中奥江罷出御鷹野御供
  をも可仕
 右御礼不及
一 嫡子相慎セ差置候儀 御免
 右月番御年寄御側御用人へ罷越□
 半袴
一 御徒格医師御用之節御屋敷廻り
 
 
 右御側御用人江罷越御屋敷御用人江者
 自分心得次第
一 御用之節ハ御屋敷へ罷出大奥江も罷出
 右通し元江罷越
一 京都住之忰御扶持方御増ニ付親御礼廻勤
 右承知之上於紀州名代を以御役替同様廻勤
一 殺生場 御免
 右月番御年寄并被 仰渡候御側御用人江
 罷越
一 都而月番御年寄之申ハ
    両御月番江罷越候事
是ハ
大殿様方有之節之事也
一 知行弐百石被 召上候筋右割替目録
  頂戴
 右外之知行目録頂戴同様
 
22     画像

 
一 御供弓之仁鳥射留ニ付時服被下
 右御用番并支配へ罷越
一 大御番頭已下之重役地廻り
  御名代御使等相勤候様被 仰付
 右御役替同様
一 御奏者加役
 右月番計
一 鉄炮肝煎
   但鉄炮倹使之事也
 右月番
一 末期名跡被 仰付候節右 仰奉り候
  一類
 右御役替同様
 
 
一 周伴養子日置周安奥御医師被 召出
  候付周伴并父伴立御礼廻勤被 召出候
  當人同様廻勤
   伴立法眼御医師周伴者御□医同様也
    祖父隠居ニ候得者御礼ニ不及
一 御普請御用相勤候付御年寄被
  仰渡ニ而御銀頂戴
 右月番御年寄被罷越
一 御前御用之外中之間講釈等儒者同様
 右月番御年寄并学校掛御用人へ罷越
  一 山本源五郎[大御番格/小普請]学校江罷出可相勤
    勤方本文同様被 仰付候御礼右同断
一 校讀ゟ通官助兼勤
 右学校掛り御用人へ罷越
 
23     画像

 
一 佐治一平厄介岡田勇之丞[元御医師\之忰也]
  稽古料被下
 右御礼月番并奥掛り江罷越一平儀も同断
  一 右之節御年寄宅ニ而勇之丞刀抜候筈
    御目見以下ニ籠り候也
一 下條伊兵衛嫡八十郎学問出精ニ付反物
  頂戴
   八十郎御月番へ伊兵衛殿ニ者御年寄
   御詰所ニ而御礼
一 衣紋方之儀御用筋養父之通可相勤
  尤御用之節者奥江も可罷出
 右月番御年寄罷越
一 於堂形大矢数相勤候付御褒美
  御銀被下
 右月番并奥掛江
 
 
一 都而御用掛り被仰付候節并御用掛り相勤
  候付拝領物等致し候節御礼廻勤之儀右者
  御年寄ニも右御用掛被 仰付有之右御用
  掛り之御年寄被 仰渡候筋者被 仰渡之
  御年寄江計罷越月番江者分而不及
  罷越就而者
  大殿様方月番江不罷越
   但御年寄ニ者御用掛被 仰付無之月番
   被 仰渡候筋者 御表月番江罷越
  一 右御用掛之外都而願済等ニ而是迠御用番へ
    罷越候筋者勿論両御月番江罷越
    御側御用人江者不及罷越
一 中奥取締之儀頭取
 右御表御用番計
一 元弟子指南被 仰付
 右月番并奥掛不残
 
24     画像

 
一 右被 仰付御扶持方被下御番 御免
 右御役替同様
一 刑小普請実家ニ而慎可罷在旨被 仰付
  候処一類家名 御立可被成下 思召候間
  内存之者申出候様
 右御礼廻勤不及
一 御法會之為御報被 召出候仁之伯父儀是
  迠被 召出之義右伯父ゟ段々奉願有之付
  廻勤之義右者御守へ罷越候儀ニ付分而
  不及御礼廻勤
一 親跡目被 仰付候処是迠御徒助相勤
  罷在候処跡目被 仰付候而も其侭御徒
  助御扶持方被下
 右御礼廻勤不及
 
 
一 常御供病氣ニ付願之通 御免
 右月番被罷出
一 上り屋敷を外之仁江御預
 右支配方并奥掛り江
一 出水ニ付渡金受取
 右御礼不及
一 右渡金御断奉申上候向へ極通矢張
  被下
 右同断
一 中奥頭役 御名代御使等相勤
 右月番へ罷越
一 聟養子被 仰付候処右不被 仰付前ニ
  男子出生致候得者虚弱ニ而生立難計
  前段養子被 仰付候処右男子追而
 
25     画像

 
  丈夫ニ相成家之向?脉ニも候付養子ニ願之
  相済候付為御礼
 右御表月番被罷越
一 厄介之者被 召出初而之 御目見相済
  候節右被 召出候節之通右厄介ニ致し候
  仁御礼
 右御礼不及
一 御勝手掛り
 右月番并御側御用人江罷越
一 大寄合格御勘定奉行折々政府へ罷出
  御側御用人取扱候御用申談
一 重役ニ而御側御用人取扱候御用をも
  心得可罷在旨
 右御礼不及
 
 
一 御年寄嫡子ニ而御勘定奉行詰所へ罷出
  御用取扱可申旨且又御用部屋へ罷出
  御用人とも取扱候御用見習等被 仰付
  候節
 右御役替同様
一 指南役病死右師之弟兄之元弟子指南
  代り
   但弟者稽古料被下場肝煎也
 右月番并御側御用人奥掛りへ不残罷越
一 御小納戸ゟ奥之番見習被 仰付御膳番
  其侭
 右申渡候御小姓頭取江
一 御書院番格ニ而射手肝煎之仁御扶持方
  相渡候筈之旨被 仰付
 右御側御用人奥懸り絵江罷出
 
26     画像

 
一 飯田八郎[助右衛門厄介叔父/稽古料被下]三人扶持被下稽古
  場肝煎被 仰付候付八郎助右衛門御礼
 右月番并御側御用人奥掛り江罷越
一 御膳奉行ゟ御臺所頭兼帯
 右月番并御側御用人へ罷越
一 弟子厄介之者被 召出右厄介ニ致候仁御礼
 右稽古料被下候通
一 何某致病死候処惣領不行跡ニ而跡目不被
  仰付候右何某之後家極老及ひ稼等
  難出来候付右後家へ一生三人扶持被下
 右後家名代を以御役替同様廻勤之筈
一 無足ニ而校讀助出精ニ付年々銀五枚
  被下候節御礼
 
 
 右御年寄御側御用人奥掛り学校掛り
 御用人江罷越
  一 親之御礼も當人同様
一 大御番頭ゟ御役者支配被 仰付候御礼
 右月番計
一 稽古塲肝煎
 右月番并御側御用人奥掛不残江
一 御医師本道兼勤
 右御役替同様
一 大御番頭組替
 右月番江
一 町場稽古中御番御免
 右通し元江
 
27     画像

 
一 両番外之御供相勤候付為御褒美
  御銀被下
 右月番并御側御用人江
  一 親之御礼も右同様尤半袴
一 御勘定奉行差図を受相勤候様被
  仰付候御礼
 右月番并御側御用人江
一 頭役惣領評定所へ罷出御用見習可
  申旨被 仰付候御礼
 右御年寄御側御用人へ不残
  一 親之御礼月番并御側御用人江
一 山方勤被 仰付
 右月番并御側御用人山方掛り御用人江
 
 
一 山方勤ゟ山方肝煎
 右同断
一 奥詰ゟ御用之節ハ大奥江も罷出候様被
  仰付御礼
 右月番計
一 独礼小普請ゟ御道具支配助被 仰付
 右通し元江
一 肩?試相勤候付為御褒美御銀被下
 右月番并奥掛り江
一 御番皆勤候付御銀可被下候処病死ニ付
  右御銀子江被下候節御礼
 右被 仰聞候御側御用人江
一 穴太役 御免
 
28     画像

 
 右月番江罷越
一 病氣ニ付判改 御免
 右同断
一 願之通諸勤 御免
 右同断
一 改易被 仰付候者 御城下 御免
  一類江申渡候節一類之御礼
 右月番之御用人江
一 御小姓組常御供ゟ常御供頭役差支候節
  右代り相勤候様被 仰付候御礼
 右月番御年寄江計
一 寄合ゟ御書物分見習被 仰付候付
  御礼
 
 
 右御役替同様
一 御廣敷番ゟ砂糖方勤加役
 右月番江計
一 勝野彦次郎儀小十人小普請儀小十人助
  本役同様勤被 仰付江戸表へ罷越
  組打引立候様被 仰付候御礼
 右月番御年寄月番御側御用人江
  右ニ付師匠御礼奥掛江罷越
一 高村三郎御能方御内々銀十枚被下置候
  御礼
 右者御内々被下候儀ニ付いつ方江も御礼ニ不及
一 格式并御足高被下置御銀其侭与被
  仰付候処御扶持方ハ上り候付難渋之趣
  願候付御扶持方相渡り候筈候旨追而
 
29     画像

 
  被 仰付候節御礼
 右申渡候人江計罷越
一 西濱様御附被 仰付候向 御目見仕
  候節御礼
 右月番江計
一 惣領中奥勤被 仰付候付御礼父子共
  御役替同様
一 断絶跡名跡可被 仰付候間内存之者
  申出候様被 仰付候付右一類御礼
 右御礼不及
慶應ニ寅十一月九日
一 帰番
 右被 仰渡之年寄衆廻勤
 
 
   私ニ記し置
    御礼廻勤并年頭五節句
    朔望廿八日御年寄衆御宅へ
    罷越候節
一 御目見已下天小門ゟ入玄関正面を除
  少シ脇ニ而刀撤帳前迠罷越申述ル
  帰之節玄関番壱人式臺迠送り出
  候事
   但両家ニ而ハ送り無之
一 御目見已上者開門有之者表門ゟ表門閉
  有之者小門ゟ罷越玄関式臺迠出迎
  有之候付式臺ニ而帯刀之侭申述帰之節
  開門いたし候事
   但両家ニ而ハ出迎無之候付帯刀之侭
   帳前迠罷越申述帰之節式臺迠
   壱人玄関番送り候事
 
30     画像

 
一 頭役已上帯刀之侭式臺ニ而申述帰
  之節ハ薄縁迠壱人送り候事
   但両家ニ而ハ
一 重役已上帯刀之侭薄縁之上ニ而
  申述薄縁へ壱人出迎之事
   但両家ニ而ハ
一 大寄合已上薄縁際ニ而申述ル薄縁
  之左右へ両人出迎之事
   但両家ニ而者
一 御年寄衆者御互玄関前白洲
  迠両人出迎候事
 
31     画像

 
32     画像