五條市教育委員会/中家文書調査報告書

中家文書調査報告書

第四章 翻刻

態一筆致啓上候、然者其
御支配下和州宗川・黒瀧両郷
より去午ノ十月、当国大川筋江
流失材木之内、当領村々而茂
拾揚候もの有之、右材木木主共
江戻呉候様申付被下度段、両郷
惣代城戸村茂兵衛・日裏村
善三郎当役場江願出候
当領村々江役人差出、為相調候
処、拾揚候もの共有之候付、当
時閣有之候場所而相渡候様
猶又願惣代共江茂請取候様
申渡候所、願人ヨリ拾場所へ持
出渡呉候様強而申之候得共
惣而拾候品、其場所江持戻し
為相渡候振合も不及承、然
とも
公儀御定法茂有之儀候ハ丶
委細承り候上、正路之沙汰申
渡度付、当二月廿五日書面を以
其御役所江及御尋候処、吉野
郷村々材木之儀者、同郡川上郷・
黒瀧郷村々江口役銀取立、右両郷
より口役運上銀、其御役所江
納来候所、去々巳載ヨリ右口役銀
公儀御直御取立相成候
却而厳重之御取斗有之、川々
出水而材木押流候節、川付
村々江取揚候得者、其場所
差置、木主罷越候ハ丶、対談之上
相渡候歟、紛敷候ハ丶其筋江訴出
可申筋有之、右材木持主江
渡場所之儀付、御定法者無之候間
此度之儀者、何れ茂双方致
熟談受取渡、故障無之候様理
解申渡度与之儀付、右御報之
趣越((ママ))を以四月廿日ヨリ同月晦日迄
之内拾置候もの共ヨリハ請取方
難渋無之様急度相渡候様
願人城戸村茂兵衛・黒渕むら
夘兵衛へ当時積置有之候場処
受取候様申渡、合符印紙拾ひ
材木付立、帳面等迄相渡惣代
之もの共致承知罷帰候事
然処限日相過候而茂受取不参
勿論断茂無之等閑捨置候
五月十二日書状を以右流失材木
受取不参儀候哉御糺之上否
御報承度段得御意候処、六月
四日之御返書、此節惣代とも
申立候者、出水之節流木取上候ハ丶
其場所差置候而之取斗候得ハ
請取渡差支無之候得共、取揚候
材木者銘々居宅最寄江引取
置、右之場所而相渡可申之旨
申之、左候而者川端迄持出候に茂
彼是雑費相懸り候等付川端
而請取度旨惣代共申立候
当領村々江茂理解申聞候様、其
茂不相片付儀候ハ丶、此度
而己相限り候儀茂無之候間、已来
取締方其筋江相伺御下知之趣を以
追而御駈合可被成与之趣而、又々惣代
共御差向被成候得共、三月十七日
御返書之要旨を以申渡候筋
猶又去午之十月中致流失候
材木当二月至り願出候儀候得者
右時節迄拾場所差置候ハ丶
散失難斗、其上当領之もの共ハ
流失材木取斗方一円不案内
之事故居宅最寄江引取候儀
勿論川端迄持出候得者、雑費
相掛り難渋之儀者、当領之者共
迚茂同様之事故、先達而申渡候
外無之段茂兵衛・夘兵衛江申渡
其旨及御報候儀御座候、然処
当領村々而拾ひ木致候もの共
永々致番候儀迷惑仕候段毎々
歎出候、前件流失材木筋如何
成行有之候哉、委細御糺之上
霜月廿日迄御報御座候様致度候
右限日迄御答無之候得者、拾
ひ来いたし候もの共江夫々取捌候様
可申付候間、左様御承知可被下候
右之段為可得御意差是御座候
恐惶謹言
 
    興山寺役者
十月廿九日   自覚院
 
 
辻甚太郎様御手附
   増井左門太様