五條市教育委員会/中家文書調査報告書

中家文書調査報告書

第四章 翻刻

去ル十三日出之御状致拝見候
然者吉野屋覚兵衛儀
従来無滞御用向相勤候
者之儀付、今般御取調
之上数代実躰相勤候
規矩御立被成遣候、且又
池田御蔵と唱候御材木
置場等之儀付、委細
御申越之趣致承知候、右ハ
年久敷儀付、相分兼候
品茂有之候得共、篤与相調
らへ候上、追而御答可申達
候間、右様御承知可被成候
依之如斯御座候、以上
 
       松浦新左衛門
 三月廿五日 嶋野紋左衛門
       矢田穂波
 
青山九八郎様御手代
   青津等左衛門様
御同所様御手附
   田中八十次郎様