五條市教育委員会/中家文書調査報告書

中家文書調査報告書

第四章 翻刻

(包紙上書)
「和州五條村  鈴木鋠次郎内
  中屋源兵衛殿   金田荘平
       要用書不略   」
 
(包紙裏書)
「       従江戸表
子十一月七日斎藤様ヨリ」
 
一筆啓上いたし候、追々寒冷
相増候処、皆々御不事目出度存候
然者小子義、今般不斗
小十人江御番入殊更直
御進発御供被仰付、一入
難有大悦不斜、御欽可被下候
其元、養父勤中ヨリ別段之
事故、此段御吹聴申上候、近々
御供て坂地江罷越候間、書余
其節万喜可申述候、以上
 
 十月十日   鈴木鋠次郎
 
 
    中屋
      源兵衛殿
 
別啓申入候、養父源内一周忌
去ル八月十七日相当付、心斗之
法事執行桜井寺へ私遣候処
其已前其元御取斗ヲ以御回向
被下候趣、桜井寺方丈ヨリ申越
不相替御配心御厚志之段不浅
□□先者右迄余者後音江
相譲申候、已上
 
 
 十月十日     鋠次郎
 
 
     源兵衛殿