五條市教育委員会/中家文書調査報告書

中家文書調査報告書

第四章 翻刻

 和州〈宇知郡五条村/吉野郡加名生谷村々〉与馬道出入裁許申渡覚
 
一 五条村より訴候趣者、加名生谷村々より
  紀州橋本町江出候荷物之儀、五条村
  馬次にて候故前々より荷物次来候処
  加名生谷より新規馬道を付直し
  橋本町江荷物を通し可申工を
  仕迷惑之由申付、見分差遣遂
  詮議之処、加名生谷よりハ前々より
  有来道にて荷付馬通路仕来
  候之由雖申之、馬往来いたし候
  躰にても無之、脇道近辺村々より
  荷付馬往来仕来候にてハ無之旨
  口書指出候、其上先年茂加名生谷
  より抜荷物を通し五条村より
  おさへ手形取置候儀も有之候得者
  旁以新馬道に無紛加名生谷村々
  申分難立候、五条村之儀ハ馬次之
  事候条、向後如先規本道筋諸
  荷物致往来、脇道より荷付馬
  一切通路仕間敷事
一 表野村庄屋儀、他領之者と申合無
  断新規成馬道造り可申と存
  立候儀不届候条急度可申付候
  得共、先此度者其通に指置候年寄
  百姓南都往来入用銀、庄屋より
  出し可申候事
一 加名生谷江橋本之者参候者、脇道者
  通し不申筈候間、五条村江相廻り候而
  荷物差越候様にと可申候、自然
  脇道を通り橋本之者参候者
  右之趣我等申付候旨可申聞候、万一
  見のかし聞遁しに仕候ハヽ
  加名生谷之者共可為曲事候、勿論
  加名生谷村々よりも橋本江荷
  物差越候儀、五条村江出し可申候
  尤脇道を向後荷物付出し
  申間敷事
 
右之通裁許申付候条不可違失者也
 
  元禄十六年未二月  辻弥五左衛門 (印)