五條市教育委員会/中家文書調査報告書

中家文書調査報告書

第三章 解説

第六節 吉野材木方口役銀と代官所

 〔箱3-1〕~〔箱3-334〕の文書は、同じ場所に帯封で一括にされていた文書群とひろげた状態で纏めて置いてあった一紙文書群である。三三〇余点の文書は、材木の口役銀関係・代官所の貸付政策関係・夫食関係にほぼ区分されるが、発給人が五條代官辻甚太郎の吏員(手付等)であること、宛所が中屋(掛屋)源兵衛であることなど共通した様式を持っている。中家文書に占める比率が高いので、まず最初に年代考証をおこない、その後に口役銀を中心に検討し、最後に貸付銀にも触れておきたい。