大和高田市立図書館/郷土資料「わたしたちの大和高田市」

大和高田市の地場産業

五 「さくらコットン」が製品になるまで Making Sakura Cotton into a product Thread spinning


ニット工場では、この糸をつかって編みます。
Knitting factories use these threads for knitting.

糸の太さにこだわり、短い繊維がとりのぞかれた40番コーマ糸のなめらかで、つややかな糸にして、編んでいきます。
大和高田市内のニット工場では、市内でとれた綿だけを使い、「さくらコットン」を製品にしています。
Carefully selecting the yarn thickness, factories make 40-count shiny cotton yarn that is smooth with the shorter fibers removed and use it to knit.
Knitting factories in Yamato Takada City only use the cotton made in the city for making Sakura Cotton products.