大和高田市立図書館/郷土資料「わたしたちの大和高田市」

大和高田市の地場産業

三 綿の歴史 History of Cotton

・先人たちが頑張って築いてきたまちの歴史のシンボルとして、平成19年(2007年)より市民とともに綿を育て始めました。
To symbolize our town, built through the hard work of our predecessors, we started to grow cotton again in 2007.
 

市役所の東隣に、「わったーらんど」という綿畑があります。
There is a cotton field called “Watta Land” on the east of city hall.

・平成23年(2011年)、大和高田で栽培した綿で製品の開発を始めました。「さくらコットン」の誕生です。
In 2011, we started to develop products with cotton harvested in Yamato Takada. This is how Sakura Cotton was born.
 

「さくらコットン」は、除草剤や虫よけ、農薬などの薬をいっさい使っていないので、安心して着ることができます。
肌にやさしく、吸湿性もあるので、赤ちゃんの服にとても適しています。
Sakura Cotton is grown organically with no chemical agents such as herbicides, insect repellent, and pesticides. So, it is safe for anyone to use.
It is soft to the touch and has excellent absorbing capabilities, making it well-suited for baby clothes.

汗かきの赤ちゃんに、ぴったりだね!
Perfect for babies who sweat a lot!

・「さくらコットン」の特長
Features of Sakura Cotton
 
①せんいの部分に大和高田産(近隣地域含む)の綿から作られた糸を85%以上使用していること
(さくらコットンは縫い糸以外綿糸100%です)
Yarn made with 85% or higher cotton content from Yamato Takada (including neighboring areas) is used in the fabric.
(Sakura Cotton products are made with 100% cotton yarn, except for the stitching thread.)
 
②大和高田産(近隣地域含む)のせんいには化学染色をしないこと
No synthetic dyes are used in the fabric from Yamato Takada (including neighboring areas).
 
「さくらコットン」は大和高田の「地域ブランド」だよ。
みんなの住んでいる町の大きな産業の一つなんだ。
Sakura Cotton is a local brand of Yamato Takada.
It is one of the largest industries in our town.